« 水草と格闘 | トップページ | ヨシのぼり »

2006年4月 9日 (日)

充実した一日

Fi2465997_0e

今日は予告通り、朝からガサに。
結局、タカハヤはもう少し時間をおいても大丈夫だろうと
オイカワに会いにいくっことに決めた。
オイカワは僕の家の側の川ではなかなかつかまらない。

カワムツが直線的にやってきて
網に入るのとは対照的に
オイカワは網の前で反転し
石の下に潜り込んだりで変化球投手みたいな感じ。

結局今日は3カ所の川を各1時間ずつまわる。
最初の川ではアヒルが放し飼いされており
釣り人もいるので、早めにでかける。
釣り人のいる近くで、流石にガサはできない。
網に入ることは入るが、サイズは中くらいが多く、
数も少ない。

諦めて2カ所目へ。
この川は本当に最近オイカワが減った。
そのために定期的に訪れて観察を行っている。

話はそれるが、前のブログをやめたきっかけの一つに
「ポイントの魚が減った」
ということがあった。
日本産淡水魚の良さは、
見た瞬間に郷愁にも似た感覚を感じさせてくれることだろう。
勿論、川や魚に小さい時にふれあった経験があればある程
この傾向は強くなるに違いない。

メダカに注目が集まったのも、
そうした背景があるのではないか。
自分の住む地域の情報だけを乗せたつもりだったのだが、
川でガサをする人と会う機会が増えるようになった。
「乱獲につながるような情報の提供をしない」
これが教訓として残った。
結局今日も3匹入っただけだった。

3カ所目は仕事場の近くの川。
魚がはねているのが帰りの車の中からも分かっていた。
しかし水位が高い時期だったので、
魚の種類までは確認ができていなかったのだ。
職場の近くという抵抗感もあったし・・・

川に実際に入ってみてびっくりしたのは、
稚魚の多さ。
タモを入れて確認すると、カワムツとオイカワ。
この分なら成魚もと心が躍る。
上流に向かってガサ開始。

入ってくるのはほとんどカワムツだが、
サイズが大きい。
他の川の個体と比較する為に
雌雄1匹ずつ持ち帰り。

オイカワが入らないと思っていると、
除々に入りだし大きさも大きくなってくる。
婚姻色も本当にうっすらと見える。
結局持ち帰りはしなかったが、
20メートルの間でもかなりの魚影の濃さ。
次回ゆっくりとせめることにして
今日は後にした。

流石に3カ所を巡ると疲れがひどいが、
僕にとっては目的も果たせ充実した1日となった。

|

« 水草と格闘 | トップページ | ヨシのぼり »

ガサ日記」カテゴリの記事

コメント

ご苦労様でした^^Zaccoさんは大きい魚を求めているのですね!私はがさ入れで大きいのはあまり捕まえた事がないですね。うちは、水槽が小さいのでチビを捕まえてきて大きくするタイプです。しかし、同じ川でもちょっとポイントを変えると獲れるのが違うからおもしろいですね^^

投稿: ごっちゃ | 2006年4月10日 (月) 21時41分

大きい魚にこだわっている訳ではないんです。カワムツだと10㎝前後のサイズが一番美しいとすら思っています。この記事にも書いた2番目の川にはオイカワの稚魚がものすごく少なかったんです。結局、オイカワは減ってしまいました。僕の師匠によると、この川には昔はオイカワが沢山いたことが分かっています。ですから、色々なサイズの魚がいる川が一番いい川だと思ってます。但し、川によって同じ魚でもサイズや特徴にさがあり、渡辺先生によると、関東のオイカワは西日本のオイカワより小さいものが多いとか。ですから、大きい個体を探していたんです。勿論僕も稚魚も飼っています。ポイントを変えると違う魚が採れるというのは、ガサをやっている時の大きな喜びですね。

投稿: Zacco | 2006年4月11日 (火) 19時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1201901/29068022

この記事へのトラックバック一覧です: 充実した一日:

« 水草と格闘 | トップページ | ヨシのぼり »