« ありがとうございます。 | トップページ | 色々・・・ »

2006年5月29日 (月)

カネヒラ Acheilognathus rhombeus

Fi2589385_0e

我が家の水槽で飼っている魚の紹介
第二弾は、カネヒラです。
日淡の飼育を始めた当初、
タナゴと言えばタイリクバラタナゴだった僕にとって、
この魚は最も興味のあるタナゴでした。


この魚は近くにもいるらしいのですが、
僕はまだ獲った事がありません。
2級河川の支流を相手にガサをしている僕にとって、
一級河川での採取はなかなか大変なのです。
ですから、もっぱら佐賀の用水路で獲っています。

まだ、何が獲れるかも分からないまま、魚を獲っていた頃。
用水路脇のアシを蹴飛ばすと、
見たことも無いようなピンク色の魚が入り、
驚いて見ると、この魚でした。

秋産卵のタナゴなので、
婚姻色は秋が最高ですが、
特にこのカネヒラは鰭の色が最高に綺麗なんです。
この魚に会いにわざわざ佐賀まで通った程です。

採取直後の色は水槽では難しいのですが、
水槽飼育をしているせいでしょうか?
婚姻色を出しっぱなしの個体もいます。

大型のタナゴなので、小型のタナゴとの混泳には向きませんし、
縄張り意識が強い魚のようです。
病院の水槽に持っていった時は、
同じくらいのサイズのカワムツを追いかけ回していました。
また、植物食が強いようなので、
水草は食べられてしまうか、抜かれてしまいます。

|

« ありがとうございます。 | トップページ | 色々・・・ »

我が家の魚の紹介」カテゴリの記事

コメント

カネヒラの実物はまだ見たこと無いです・・・ガサで獲りたいのですが、大型で気が強いとなると・・・うちでは飼えないですね><あ!同じ水草を食べちゃうザリと同居は可能かも^^(すごい戦いが起こりそう・・・)

投稿: ごっちゃ | 2006年5月29日 (月) 21時43分

ごっちゃさん、こんばんは!!コメントありがとうございます。カネヒラは凶暴ですが、婚姻色の魅力は捨てがたいですよ。婚姻色が出た雄を初めて見た時は、本当にビックリしましたもん。繁殖が難しいタナゴなので、これ以上獲ってきて、飼うつもりは無いのですが、ずっと日本にいて欲しい魚の一つです。ザリと混泳ですか・・・凄い事になりそうだなぁ。って、真っ二つにされてしまいますよぉ。(笑)

投稿: Zacco | 2006年5月29日 (月) 22時09分

どもです。カネヒラいいですね~。九州北部はニホンバラタナゴも自然生息しているようでいいですね。うちの近所は、カワバタモロコの国内東端地なので水槽内ですが、繁殖にチャレンジしたいと思っています。ブログ面白く拝見させていただきました。今後ともよろしくです。

投稿: きつね | 2006年5月29日 (月) 22時49分

きつねさんへ訪問&書き込みありがとうございます。(_ _)綺麗に飼育されている魚の写真に目がいき、訪問させていただきました。(スイマセン。茶々入れたようなコメントを残してしまって・・・)カワバタモロコ、いいですねぇ。まだ、出会った事が無いのですが、あの金色に輝く姿は是非見てみたい魚の一つです。「地元では見れない魚が見たい!!」というのが、他のブログを覗かせていただいている理由ですが、あまりにも色々な記事が載っているので、こちらの方が勉強させて頂きました。こちらこそ、今後とも宜しくお願い致します。僕の方も是非お邪魔させていただきます。

投稿: Zacco | 2006年5月29日 (月) 23時23分

カネヒラ、いいですね。拡げたヒレが透けて綺麗です。ちょっと逆光気味でしょうか。でもそれはそれでいいですね。こちらのアクアショップでは、日本淡水魚も人気が強くて、カネヒラなどはペアで高値で売られています。買うという行為の裏側で何が起こっているのかを知ってしまった現在、買う気にはとてもなりませんが。。。さぁ、多摩川上流へ向かう日を楽しみに。。。

投稿: さぼてん | 2006年5月30日 (火) 21時49分

さぼてんさんへいつもながら、流石です。出窓にあるタナゴ水槽は逆光になってしまいます。汽水域へ行かれたとか。レポート楽しみです。勿論、荒川の上流の分も。(^-^)僕は対馬という島で生まれ育ったせいか、汽水域の魚とは結構遊び過ぎたようで、今一つ福岡に来て。楽しめないでいます。海が対馬に比べると、汚すぎるんです。僕も購入の意味を考えると、できません。ただ、家族がプレゼントで買ってきたことはありますが・・・

投稿: Zacco | 2006年5月31日 (水) 18時32分

対馬ですか。。。素敵なところでお生まれになったのですね。そうか。。。Zaccoさんは、汽水は飽きるほど体験済だったのですね。私は東京湾のキタナイ海しか知らないのです、、、(;_;)でも、私が小さい頃に比べ、格段に水が綺麗になりました!小さい頃は、捕れた魚も、水も、臭かったです。。。いざ、上流へ!

投稿: さぼてん | 2006年5月31日 (水) 20時30分

今、ルートを調べていたのですが、多摩川中流でも、車(有料道路使用)で片道2時間弱、越辺川に至っては、電車と徒歩で片道2時間強、車では3時間とのことでした。。。うーん、ちょっとした日帰り旅行ですね。すぐには行けませんが、是非近々リポートします。

投稿: さぼてん | 2006年5月31日 (水) 22時37分

さぼてんさんへガサはのんびり行きましょう!!渡辺先生は「獲れないのも成果だ」と本の中でおっしゃっていますが、やはり、初回から躓いては、その後が楽しめないでしょうから。。。明日から駐禁も厳しくなるようですし、お互い気をつけましょうね。僕も以前警察を呼ばれた事がありますから。多分、僕の住む場所が岩礁地帯が少なく、タイドプールのような場所が少ないことも興味を失った原因だと思います。日本のハゼははるばる太平洋や赤道を越え、アメリカやオーストラリアでも繁殖している生命の強い魚です。水槽飼育も楽しいでしょうね。^_^

投稿: Zacco | 2006年5月31日 (水) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1201901/29068055

この記事へのトラックバック一覧です: カネヒラ Acheilognathus rhombeus:

« ありがとうございます。 | トップページ | 色々・・・ »