« プチガサ。 | トップページ | メンテ中にしていたこと。 »

2006年5月18日 (木)

2つのオイカワ(素人の想像)

いきなり本題に入っても、
話が分からない方もおられると思うので、
少し整理をしておきたいと思います。
話の経緯はこういう感じです。

さぼてんさんとオイカワの婚姻色について
話をしました。
さぼてんさんの水槽の中には2組のオイカワのペアがいるが、
一方の雄にだけ婚姻色が出て、
もう一方の雄は出ていない。
強いオスだけが、婚姻色を出すのだろうか?
というものです。

このブログの中でも紹介した「魚の目から見た越辺川」という本。
この本の中で、渡辺先生が紹介されていたのが、
この記事のタイトルの「2つのオイカワ」というもの。

オスの婚姻色による分類で、
1.緑色のもの
・大型で体高があり、横縞の少ないものが多い。
・本流で産卵。
・3月下旬くらいから尻鰭に変化が現れ、婚姻色がうっすらと見えてくる。
・この時点で雄の多くは15センチ程に成長しており、見映えも良い。
2.黄緑色のもの
・体高が低く見えるが、横縞の本数が多いものが多い。
・本流ではほとんど産卵が見られず、支流に入って8月に産卵。
・小型の個体が多く、雄の最大サイズでも15センチ程で、
 ほとんどは12センチ以下の個体で9センチで婚姻色を発色。

※この2者は遺伝子的に違っているのではないかと、
 調査を依頼中であるとのこと。

というもの。
遺伝子調査の結果がどうだったのか?
につては、僕も情報を持っていません。

素人の個人的感想を書くと、

<婚姻色とサイズ>
婚姻色の最盛期は産卵直前であり、
オイカワの産卵期も土地によって違うと思いますが、
幅(文献によると、5月下旬から8月下旬)があります。
ウグイのように大きな個体から産卵するとすると、
大きい個体から婚姻色が出ても不思議ではないのでは?
と思います。

<婚姻色の出るサイズ>
9センチで婚姻色が出るのは、
僕も以前飼ったオイカワで経験しています。
文献では、雄の成熟は2年から3年かかるとあるから、
サイズでいうと、12~13センチというところでしょう。
しかし、熱帯魚でいう「早熟な雄」というものの存在が気になります。

<横縞の差>
我が家の水槽でも、婚姻色の出ている雄は横縞が少ない。
同じサイズでも、婚姻色の出ていない雄は横縞が多い。
という特徴は当てはまります。
渡辺先生の本によると、この2者の婚姻色の違いは僅からしいですが、
水槽で完全な婚姻色を出させることは困難なので、
はっきりとした事は言えません。

縄張り意識の高いオイカワですから、
横縞が多いのは、雌に似せているのではないか?
と思ったりします。
攻撃を回避するのが目的か?
または、雌に成りすまし、産卵に紛れ込むスニーカーでは?
なんて、勝手に想像しています。

素人の想像を長々と読んで下さった方には申し訳無いですが、
間違っている、正しいは抜きにして、
こういう風に色々と想像してみるのも楽しいと思います。
正解をご存じの方にはご教授願いたいです。
僕自身も、我が家のオイカワの観察を続けたいと思います。
いずれにせよ、渡辺先生の依頼した調査結果が待たれます。

|

« プチガサ。 | トップページ | メンテ中にしていたこと。 »

その他」カテゴリの記事

コメント

詳細なリポートをありがとうございます!!!同じ本を読んで、一番自分で気にしていた処に、スッキリ~を与えて頂きありがとうございます。横縞の差、今ひとつ観察が足りないようです。お待ち下さいませ。婚姻色の雄は、横縞が太い、という発見はありました。なお、雌にもサーモンピンクの横縞が出ております。昨年誕生の稚魚には横縞はまだ出ておりません。恥ずかしながら横縞=婚姻色と勘違いし、雌雄特定が遅れました。ネットのページには、×雌は変色しない → ○雌も横縞は出る×雌の尻ビレは大きくならない → ○尾びれのすじの太さ、形状が違うという×側の情報がまかり通っており、私も信じていました。体高、仰るとおり、小さい方の雄は細長い感じがします。私の方はまだまだじっくり観察が必要と感じました。

投稿: さぼてん | 2006年5月19日 (金) 03時08分

さぼてんさん、コメントありがとうございます。僕も色々と分からないことだらけで、最初の頃はオイカワを別の魚と思っていた事もあります。写真で見た婚姻色と獲った魚がイメージが違い過ぎていたもんで・・・^_^;僕も新しい魚が獲れるので、他の魚に気が行ってしまったり、仕事が忙しく一年を通してじっくり魚を見ていなかったなって、最近ごっちゃさんの指摘もあり、気が付きました。今回の件も同様だと思います。僕達は専門家では無いですが、渡辺先生の「カワムツには2種類いるのでは?」と、疑問を持って観察をするという精神は学ばねばと思います。さぼてんさんの発見も是非教えて下さい。お願いします。

投稿: Zacco | 2006年5月19日 (金) 19時08分

すごい・・・奥が深すぎる・・・雄の婚姻色の違いでタイプが違うなんて!しかも今回の記事で恥ずかしい発見をしてしまいました。いままで頭から尻尾までの線が横縞。背びれからお腹までの線が縦縞だと思っていました^^;逆なんですね!あと、オイカワの婚姻色ですが、ピンクシルバー?がベース色で、青い横縞が出ていると思っていました。これも逆で、ベースがブルーシルバーで、ピンクっぽい色が横縞なんですね!勘違いばかりで恥ずかしいです*^^*

投稿: ごっちゃ | 2006年5月21日 (日) 15時39分

>ごっちゃさんへ。僕も本を読むまでは、同じように縦と横が分かりませんでした。オイカワの基本はピンク、シルバーで良いのではないかと思いますよ。婚姻色の出た雄では、その他にも青みがかった白、黄色なんて色も出るような気がします。この2つは水槽では難しいと思っているのですが・・・・僕も推測で書いています。間違いや勘違いはしてもいいんじゃないでしょうか?素人の特権というか・・・研究の初めは「あれ?!」って思うことが大切なんだと思います。それで、仮説をたてて、検証していく作業なのでしょう。しかし、実際には検証作業は本格的な設備が無いとできない事が多いので、素人にできることは、観察なのだと思います。偉そうなことを書いてスイマセン。(_ _)

投稿: Zacco | 2006年5月21日 (日) 18時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1201901/29068042

この記事へのトラックバック一覧です: 2つのオイカワ(素人の想像):

« プチガサ。 | トップページ | メンテ中にしていたこと。 »