« 材料集め。 | トップページ | 水替え。 »

2006年5月 2日 (火)

タカハヤに会いに。

Fi2525128_0e

ここのところ暑い日が続いているので、
水に入るのが楽しみで仕方無かった。
どこの川に行こうか?
色々考えたけれど、
今日はいつもの川には行かず、
タカハヤに会いに近くの川へでかける。

この川では毎年タカハヤの稚魚の観察を行っている。
昨年から、工事で一部が改修され、
今年はどうだろう?と心配していたのだ。

僕が主に見ている場所は上流なのだが、
今日は久しぶりに行くので、
車を止める場所を間違えてしまい、
少々歩く羽目になってしまった。
過去に田んぼの畦に車を止めて、
警察を呼ばれたことがあるので、
安心してとめられる場所を探したのも原因。

最近、タカハヤの数は減っている気がする。
河川改修に伴い、深いたまりが無くなったのが
気にかかる。
昔は大型の個体が多く生息していたのだが・・・

既に草に覆われた河原を進み川に入る。
やはり想像していた通り、水が冷たく気持ちいい。
タモを出す前に川の中をそっと覗いてみる。
稚魚の姿は見えない。
昨年のノートを見ると、6月頃の観察記録が出てくる。
まだ、一月早かったようだ。

毎年タカハヤが入るポイントでタモを入れる。
入らない・・・
少し焦りながら上流へ。
なんとか10匹くらいのタカハヤを採取。
中には吻が伸びた雌の姿も。
吻が伸びるのはアブラハヤだけでは無い。

タカハヤ、別名「ドロバエ」と呼ばれるこの魚だが、
僕が小さい頃に捕った魚の一つ。
100円くらいの虫取り網で捕っていた。
他にもご飯粒をつけた仕掛けでもよくかかった。
周囲を海に囲まれた小さな島でも、タカハヤだけは、
川のいたる所に見られたのだ。

アブラハヤがタカハヤと一緒に住む地域では、
区別のつきにくい個体もいるらしい。
僕は写真やペットショップでしかみた事がないのだが、
アブラハヤとは全く違った魚に見える。
上手く言えないが、アブラハヤは
タカハヤに比べて上品な印象がある。
ごっちゃさんに言わせると、なかなかの暴れん坊らしいが・・・

飼育に関しては、水温上昇に気をつければ、
飼いやすい魚なのではないかと思う。
実際、昨年掬ってきた稚魚は皆元気に泳いでいる。
餌も人工餌に一番に反応する。
産卵は残念ながら、水槽の中ではやってくれないので、
また今月末から観察にでかけようと思っている。

さて、次回のガサは久しぶりに佐賀に遠征しようと思っている。

|

« 材料集め。 | トップページ | 水替え。 »

ガサ日記」カテゴリの記事

コメント

観察ノートを付けてみえるのですか!すごいです!私は物覚えが悪いくせに記憶だけ頼りに川に行っています。当然のごとく去年の川の状況や場所を覚えてない時が多いのですけど・・・^^;アブラハヤは凶暴ですね^^凶暴?乱暴者かな?最初に見たときは、鮫だ!って思っちゃいました^^;タカハヤとの区別は難しいと思います。アブラハヤは体に黒い線、もしくは黒い点の帯になったものがあるのですが、水温などで黒いものが消える時があるのです。そのときに見るとタカハヤだー!って思っちゃいます。あと、尻尾の付け根が太いか細いという区別もあるらしいですが、比べてみないと分んないですよ^^;

投稿: ごっちゃ | 2006年5月 5日 (金) 00時31分

観察ノートはこのブログの記事に載せれない事も多いので、つけていますね。川の簡単な絵やポイント、獲れた魚の種類などを書いてます。季節によっても岸の様子が変わるので、絵を描くのも楽しいですよ。この石をどけたら、ムギツクが入ったとか。数が月すると同じように獲れたりするので、楽しいですね。アブラハヤはそんなに凶暴ですか?(゜ロ)ギョェタカハヤは餌に対する反応はピカイチですが、そんなに暴れ回る事はないですね。結構臆病な魚なので、我が家の水槽では脇役的な魚ですが、優雅に泳ぐ姿は好印象です。アブラハヤは是非実物を飼ってタカハヤと比べてみたいものです。

投稿: Zacco | 2006年5月 5日 (金) 01時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1201901/29068034

この記事へのトラックバック一覧です: タカハヤに会いに。:

« 材料集め。 | トップページ | 水替え。 »