« 魚の目から見た越辺川 | トップページ | リンクを一件追加させていただきました。 »

2006年5月 9日 (火)

「カドミ」の恐怖。

なんかいつもととは雰囲気を変えてお送りします。
「カドミ」って一体なんでしょうね?
かど美?角見?(^_^;)
ふざけてる場合じゃないですね。

実は先日、川でいつものように魚を獲っていると、
年配の男性から
「ここの魚食べるんかい?」
と声をかけられました。
勿論、食べるのではなく、水槽に入れて飼うのだと説明。
すると、
「この川にはカドミが含まれとるけん。食べたらうまくないったい。」
と。
「カドミ?」
多分、不可解な顔をしている僕に気が付いたのでしょう。
「カドミっちゃ、カドミウムのこったい。」
「この上にゴミ焼却場があって、そこから漏れだしとると。」
と更に説明してくれました。

ぎょえぇぇぇぇぇ!!
「この間こけた時に、水飲んじゃいましたよ。」
「そん位なら、心配せんでよか。一応基準値以下やから。」
そう言うと、男性は立ち去ってしまったのですが、
カドミウムといえば、ご存じの方もおられると思いますが、
神通川でイタイイタイ病を引き起こした原因物質です。
骨がボロボロになり、咳をしただけで骨が折れたりします。

どの位の含有なのかは分かりませんが、
川の水は基準値以下でも、生体濃縮が起こり、
魚や川に住む生物の体内には濃縮されたカドミウムが蓄積されて
いるのです。
これが事実かどうか?それは分かりません。
というのも、こういった情報は積極的に公表されていないからです。

川に暢気に入って魚を獲っていますが、
こういう情報がもっと必要だと、
痛感した出来事でした。

今日何気なくニュースを見ていたら、
筑後川の支流の高良川の水源近くにゴミ処分場ができ、
シートが破れていたというニュースをやっていたので、
こういう話も時には必要かな?と思い、
書いてみました。
方言そのままですので、分かりにくい方には申し訳ありません。

|

« 魚の目から見た越辺川 | トップページ | リンクを一件追加させていただきました。 »

ガサ日記」カテゴリの記事

コメント

何とも言えない話です。。。食物連鎖で蓄積して、病気で死んで、それをまた食べて、、、何とかならないのでしょうか。。。との思いです。

投稿: さぼてん | 2006年5月10日 (水) 09時48分

さぼてんさん、コメント有り難うございます。悪循環はどこかで絶たないといけませんね。色々な川に行くようになって、地域の方とお話する機会が増えると、こうした悲しい情報も入ってきます。採取の時に面倒くさがらず、色々な方とお話するようになったのも、こうした事を聞ける大切な機会だからです。もちろん、その川の昔の姿とか、名前の由来、小さい頃魚を獲った想い出などなど色々な楽しいお話を聞けることも多いです。

投稿: Zacco | 2006年5月10日 (水) 20時14分

この話・・・どき!っとしました・・・関係ないかもしれませんが、たなごがいっぱい獲れた汚い川・・・カドミウムは無いかもしれませんが、汚いから何か含まれているかも・・・なんて思っちゃいました><しかし、困った話ですね・・・

投稿: ごっちゃ | 2006年5月12日 (金) 22時36分

一見綺麗そうな川でも、よく調べて潜らないといけないようです。箱眼鏡を買ったのですが、顔を近づけるのが少し怖くなりました。

投稿: Zacco | 2006年5月14日 (日) 15時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1201901/29068038

この記事へのトラックバック一覧です: 「カドミ」の恐怖。:

« 魚の目から見た越辺川 | トップページ | リンクを一件追加させていただきました。 »