« 色々・・・ | トップページ | きつねさんのブログをリンクさせていただきました。 »

2006年6月 3日 (土)

新装版 ヤマケイフィールドブック2 淡水魚

Fi2601440_0e

本当は本の紹介は「uonozokiの書棚」の方で
しようと思っているのですが、
今日は僕のお気に入りの図鑑ということで、
こちらでやっておこうと思います。

図鑑類は本当に色々とあって、
自分の好みのものを買うのがベストだと思いますが、
個人的にお気に入りは、
山と渓谷社から出ていた、
「野外ハンドブック10 魚 淡水魚編」
でした。


残念ながら絶版で、その後の本は
あまりお薦めできるものが無いという感じでしたが、

あえて次点を上げるとすると、
「川・沼・湖で見られる魚の全てがわかるー
 淡水魚ガイドブック」
桜井淳史・渡辺昌和共著 永岡書店 1400円+税
だったのですが、

今日
「山渓フィールドブックス2 淡水魚」
内山りゅう、森文俊 著 山と渓谷社 1600円+税
を買ってペラペラめくっていると、
この本は凄くいいです!!

日本淡水魚類愛護会でも紹介されていたので、
ご存じの方も多いとは思いますが、
まず、写真が綺麗です。
さらに、この山渓シリーズの良い所は、
「標本写真識別編」と題して、
同種の魚の写真が同じページに紹介されており、
判別を行う際に分かり易いのです。

この手のポケットサイズの本は
フィールドに持って行くのに最適です。
そこで求められるものは、
やはり獲った魚が何なのか?
が分かることが第一に優先されるべきだと僕は思います。

そういう意味でも、
まだ、図鑑類をお持ちでない方は勿論、
持っている方にもお奨めの本です。

|

« 色々・・・ | トップページ | きつねさんのブログをリンクさせていただきました。 »

参考文献」カテゴリの記事

コメント

早速探して見たい衝動が・・。今日行った本屋には無かったなぁ。

投稿: きつね | 2006年6月 3日 (土) 23時53分

きつねさんへ最近出たばかりの本ですし、その内、見かけられるのではないかと思います。同様の試み(標本写真識別編)は以前から色々な本でなされていたのですが、同じ出版社の「野外ハンドブック10 魚 淡水魚編」と比べても、写真が格段に見やすくなっており、お奨めです。

投稿: Zacco | 2006年6月 4日 (日) 00時42分

さすが山と渓谷社さんですね!昔からよく名前を聞きます。持っていくのに丁度よい本、、、是非ほしいです。お財布と相談してみます。。。(/_;)

投稿: さぼてん | 2006年6月 4日 (日) 22時57分

>さぼてんさんへ標本に採取場所が載っているので、一部は参考になるかもしれませんね。でも、図鑑はあくまで好みもありますので、見かけたら、一度開いてみることも併せてお奨めいたします。でも、お奨めです。(どっちなんだぁ(*^_^*))

投稿: Zacco | 2006年6月 4日 (日) 23時15分

つい、手が滑って、アマゾンで買っちゃいました!(ノ_-;)ハア…読んだら、感想書きます!(*゜▽゜)ノついでに手が滑って他の本にも、、、これは秘密ということで。

投稿: さぼてん | 2006年6月 4日 (日) 23時55分

あっ!!買っちゃったんですね?なんか、さぼてんさんに本を買わせてばかりで、申し訳ありません。当面採集や飼育の際の魚種の識別に困らないことだけは保証します。ちょっと遅いですが、この本のオイカワの産卵シーン、個人的にさぼてんさんの写真の方が凄いと思っております。

投稿: Zacco | 2006年6月 5日 (月) 00時17分

うわっ、届いちゃいました。早速眺めてウットリ。。。って、ヌマムツの写真、どこかで見たことあると思ったら、埼玉県越辺川産って書いてある。。。これって、渡辺先生の写真でしょうか????(´ヘ`;) う~ん・・・

投稿: さぼてん | 2006年6月 9日 (金) 12時55分

本が届いたんですね!!内容に満足していただけてよかった。ほっとしています。この本の最後の取材協力をみると、渡辺先生や、さぼてんさんお奨めの「日本淡水魚類愛護会」の西村氏の名前があります。渡辺先生の本の中にも書いてあったのですが、色々な協力をお互いにされているようです。ヌマムツの写真は渡辺先生のだと思います。

投稿: Zacco | 2006年6月 9日 (金) 13時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1201901/29068057

この記事へのトラックバック一覧です: 新装版 ヤマケイフィールドブック2 淡水魚:

» 新装版 山渓フィールドブックス2「淡水魚」 [静岡県淡水生物館]
先日、Zaccoさんのブログでも紹介されていた新装版ヤマケイの「淡水魚」図鑑。 この本ですが、はっきり言ってオススメします。1,600円の価値はありますね。 同種の淡水魚でも、いくつかの写真を掲載していたり、婚姻色や幼魚の写真も掲載しています。また、似ている種類の.... [続きを読む]

受信: 2006年6月11日 (日) 23時09分

« 色々・・・ | トップページ | きつねさんのブログをリンクさせていただきました。 »