« おや? | トップページ | べーさんのブログをリンクさせて戴きました。 »

2006年6月16日 (金)

きっかけは・・・○○

日淡を飼っているというと、
あからさまに変わった奴って顔する人もいるし、
「どんな魚?」
「食べられるの?」
って聞き返してくる人もいる。
反応は様々。

中には、
「きっかけは?」、
「どうしてそんなもん飼ってんの?」
と質問されることもある。

きっかけを話すと少々面倒なので、
あまり人には話さない。

「なんだ?自分からふっといて、
 話さないってのは?」
そう思われた方、気が早すぎます。

きっかけは・・・・
「英語」

なんじゃそれ?!
まぁまぁ、話しは長いのです。

20代の頃までは、僕の関心は常に外国にありました。
読む本も外国に関するもの。
恋をするのも外国の女性という具合。
英語で夢を見るくらい必死で英語の勉強をして、
相手を見つけては話しかけという繰り返し。
全然上手くいきませんでしたけどね。(笑)

英語を勉強すれば、話せる
 と信じていたのですが、
なにしろ話題が無い・・・・

だって、
外国の知識を入れて会話をしても、
相手はその国で生まれていたりするんだから、
かなう訳がない。

当たり前と言えば、当たり前のことが
分かって無かったんです。

逆に相手から聞かれるのは日本に関すること。
「日本のことなんだから、知ってるでしょう?」
って顔で質問を受けるのですが、
全然わかりません。。。(T_T)

「一体何を勉強してきたのかなぁ?」
そう思う瞬間でした。

英語力はあくまでもハード。
 ソフトが無いと、
 タダの箱なのです。

で、
日本のことを色々と調べたりしていくようになるのですが、

自分の住んでいる地域のことをもっと知らないと!!
やはり、自分の興味がある分野から!!

そう思って始めたのが、
小さい頃に身近だった「魚」のことでした。

これは、英語という言葉の成り立ちを考えると、
あまり良い選択だったとは言えません。

だって、
英語圏ってあまりお魚を食べないので、
興味が無いのか、単語をラテン語からそのままパクってできてるんです。(まぁ、日本語でいう外来語って感じでしょうか)

しかし、
魚について採集に行ったり、
調べたりしている内に、
川の名前の由来だったり、
その土地の川に縁のある古い話が聞けたり、
楽しい出来事が増えてきたんです。

でも・・・・
正直いうと、今はそんなことはすっかり忘れてしまいました。
だって、魚を獲ったり、飼ったりすることの方が、
すっかり楽しくなってしまったのですから。

「魚を通して日本を知る」というのは、
あながち悪い方法では無いと最近は思っています。

長々と書いてきましたが、
あなたの魚との出会いのきっかけは何でしょうか?
よかったら、教えて下さい。<(_ _)>

|

« おや? | トップページ | べーさんのブログをリンクさせて戴きました。 »

その他」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!Zaccoさんが、英語漬けの方だったとは!恐れ入りました。。。外国の女性にアタックなんて、私には想像もつきません~料理屋時代、4年間毎朝築地に行き、食べる魚を見てきました。それまで実は、魚に触るのは苦手だったんです。家にメダカはいましたが、魚を飼うことになるとは思いもしませんでした。料理屋閉める時、車海老用のオーバーフロー水槽(クーラーつき)、必要ないって壊しちゃったことに激しく後悔です。。。(´Д⊂その後、体を壊したときに始めた庭いじりの趣味から、水辺とビオトープについて考えるようになり、大きなプラ池を購入した際にオイカワを買ってしまいました。そのオイカワ君が子供産んで、、、越冬の為に室内に水槽を設けたのが始まりです。そして、ブログを立ち上げた後、Zaccoさんからガサを勧めて頂き、現在に至ります。

投稿: さぼてん | 2006年6月17日 (土) 01時15分

>さぼてんさんへ普段お魚の話題ばかりなので、違う一面が紹介できるかな?と思い、書いてみました。(前回のさぼてんさんの僕の車へのコメントがヒントです。)英語は最近使って無いので、忘れ始めています。(-。-;)5年間ほど大恋愛をやらかして、燃え尽き症候群になってしまいました。。。さぼてんさんのきっかけ、読ませていただきました。教えて戴き、ありがとうございます。(_ _)今とは違った視点でお魚を見てこられたんですね。その視点で、色々なことをどんどん教えて下さいね。楽しみにしています。お体お大事にです。最後に(お約束かな?)クーラー付きのオーバーフロー水槽は・・・(y;)マイッタ

投稿: Zacco | 2006年6月17日 (土) 02時06分

自分の場合、姉の家の裏でイモリを捕まえた時からです。(昨年5月)イモリを飼いはじめて、せっかくなので共生できる魚と一緒に飼育しようとドジョウが好きなのでドジョウと一緒にすることにしました。購入するのもつまらないので、昔を思い出し川に捕まえに行くことにしました。目標はドジョウ。初シマドジョウを捕まえるまでに、いろいろあったのですが、面白くなってしまい、その頃にブログ開始。うちのブログタイトルにも書いてありますが、ネットで何でも見つかると時代に近所の川でドジョウがどのへんにいるのか、他にどんな魚がいるのか載ってないことにびっくりして、それなら自分で探索、紹介すればいいかとそんな動機です。

投稿: きつね | 2006年6月17日 (土) 16時51分

きつねさんこんにちは。きつねさんのきっかけは、イモリとドジョウなんですね。(^_^)そういえば、どちらも最近見てないです。。。ドジョウは僕の地域では少ない魚の代表です。「昔、村の集会の後は、みんなで土壌鍋をしていたんだよ。」って患者さんからは良く聞くんですけどね・・・シマドジョウと会うまでのいきさつ、興味深いですね。もうブログには書かれてるんでしょうか?探してみますね。シマドジョウ類は観賞用として輸出されているとか。その内、どこか違う国で出会うことを、少しだけ楽しみにしています。きつねさんがきっかけで、身近な生き物に出会い、興味を持つ人が増えれば、素敵ですね。きつねさんのきっかけを教えていただき、ありがとうございました。(_ _)

投稿: Zaaco | 2006年6月17日 (土) 20時16分

きっかけですが、魚自体は昔から好きでした。釣りに行ったり、タモ網ですくったり、モリでついたり、素手で捕ったりしていました。モリや素手捕る時に川に潜るのですが、川底から水面を見るとすごい幻想的な風景で、そこへ魚が泳いでいるのをみると癒される感じになりました。息が続く限り潜って見ていました^^;そんな景色を自宅で見たい!けど、魚を飼う許可が家族から出なくて断念しました。続く

投稿: ごっちゃ | 2006年6月17日 (土) 22時09分

それから十何年後、池でブルーギルを餌釣りで5匹ぐらい釣りまして、なぜかそれを飼う事になりました^^;飼い方が分らず結局全滅してしまいましたが、昔からの想いがここに来て復活しました。再度飼い始めた時の魚はネオンテトラとヨシノボリ^^;結果はヨシノボリ勝利でしたが、これがきっかけで水槽内の熱帯魚と川魚の比率が変わっていき川魚の優勢状態に。この時期にZaccoさんと出会いました^^ガサに行くたびに・・・釣りに行くたびに・・・昔のあの水中風景が見たい気持ちになっています。そして、今に至ります。今は水槽を下から覗くのが趣味?になっています^^;

投稿: ごっちゃ | 2006年6月17日 (土) 22時10分

ごっちゃさん、有り難うございます。ごっちゃさんも、小さい頃から魚に親しまれてきたんですね。(^-^)川に潜った話しを紹介された記事を読んだ時から、何となくごっちゃさんも長良川の「ミズガキ」だったのでは?と想像してました。僕も幼い頃の想いは今も変わりません。ごっちゃさんのブログを読むと、その想いが良く伝わってきます。僕はモリは使った事がないでが、素手でつかまえるというのには正直ビックリ!!川で採集をしている時に、何か手でつかめそうな感覚にとらわれて、試したこともあるのですが、逃げられてばかりです・・・(×_×)僕の場合は海でしたが、水の中から水面を覗くの好きでしたよ。僕も明日水替えが済んだら、下から水槽を覗いてみようと思います。

投稿: Zacco | 2006年6月18日 (日) 00時35分

Zaccoさん>シマドジョウと会うまでのいきさつ、興味深いですね。残念ながら、ブログにはありません。最初の頃は、川へ行ったものの数時間ガサしても目的のドジョウが見つからず帰りました。ポイント探しも兼ねてネット調べても見つからず、瀬戸川水系のドジョウの種類だけは大学助教授のサイトで見つけて、それぞれのドジョウの生態を調べて、ポイントの当たりをつけて、いそうな場所で数時間。それも失敗。翌日も失敗。翌週ホームセンターで、ヒドジョウを見つけて1匹購入。半ば諦め状態で、翌日に再度ガサして、一緒にガサしてた娘が1匹シマドジョウ捕獲。その後、その近いポイントで数匹捕獲。続く

投稿: きつね | 2006年6月18日 (日) 00時39分

そんなこともあって、難しさと好奇心にかられてしまい、それまで逃がしていた他の魚達にも興味を持って図鑑で調べるようになっていました。昔は、フナ、タナゴ、ドジョウくらいにしか思っていなかった魚達が、キンブナ、ギンブナ、各種タナゴ、ドジョウ、シマドジョウなど豊富な種類がいるのだとその時改めて知って身近に絶滅しそうな魚達がいて、なんだこれ。って感じだったです。その後は、前述の通りです。

投稿: きつね | 2006年6月18日 (日) 00時40分

今回、色々な方の「魚との出会い」を教えて戴き、有り難うございます。きっかけはそれぞれですが、それぞれの方の想いが伝わり、大変興味深く読ませて戴きました。皆様のブログのネタを一つ犠牲にして戴いたことに関しては、申し訳無いと思っておりますが・・・・(^_^;質問をしてみて良かったです。本当にご協力ありがとうございます。(_ _)引き続き募集しておりますので、この記事が目にとまった方がいらっしゃいましたら、お気軽にコメントお願い致します。

投稿: Zacco | 2006年6月18日 (日) 00時42分

>きつねさん勝手にコメントを締めにかかって、申し訳ありません。…_…初めてのお魚をつかまえるまでのエピソードは、個人的に興味がありましたし、おそらくこれから、採取に行こうと思っている人に参考になると思い、2重に質問をさせていただきました。僕も本格的に採集を始めた頃はきつねさんのように色々と失敗をしました。図鑑で調べたり、未熟さから判別が不能で悩んだり、色々と思い出しました。きっとこうした失敗談や苦労も読んで下さる方には面白いのでは?と、目からウロコの状態です。貴重なエピソードをご紹介戴き、有難うございます。(_ _)大変参考になりました。

投稿: Zacco | 2006年6月18日 (日) 01時01分

きつねさんのところからきました。私の場合は、魚飼っているといえば「熱帯魚?」と聞かれ、エビもいるよといえば「生け簀?」と聞かれます。正直あきらめてますw私が魚を飼いはじめたのは、小学校の頃からですが、途切れ途切れで、今現在のは2年前からですね。近くの川にいる身近な魚だけど、どの魚も個性的で魅力があるところに魅かれました。この2年で多くの魚を知ることもできましたし。よかったら、リンク貼らせてください。魚ネタばかりではないですが、よろしくお願いします。

投稿: べーさん | 2006年6月18日 (日) 08時45分

Zaccoさんいえいえ。丁度同じ時間に書いていたようですね^^;ちょうど、シマドジョウ初ゲットの翌週からブログ始めていました。失敗談は、うちのブログにも多いです。新しいフィールドを求めたガサ失敗だったり、年末にはドジョウ壊滅に近い状態になったり。。それらが誰かの飼育の役に立てばいいなって、全て載せていますよ!べーさん発見!

投稿: きつね | 2006年6月18日 (日) 13時20分

べーさんへ昨日はべーさんのブログにコメント残して、こちらにコメントを書くのを忘れてました。申し訳ないです。別途記事にして紹介させていただきますね。どうぞ宜しくお願い致します。

投稿: Zacco | 2006年6月19日 (月) 19時59分

>きつねさんへ失敗談って、結構ひかれちゃうかな?と思って、あまり書いてこなかったんですが、確かに誰かの飼育の役に立つと思えば、貴重なエピソードですね。僕も今後書いていこうと思います。有難うございます。

投稿: Zacco | 2006年6月19日 (月) 20時04分

>べーさんへ重ね重ねすいません。ブログがmacと相性が悪いようで、きっかけの返事の部分が載ってませんでした。小学生の頃からなんですね。僕も小さい頃は父親と良く魚採りにいってましたが、その頃は飼うというよりは、食べる為の採集だったです。同じように身近な魚について色々と知り始めたのは、最近のことです。すっかり楽しくなって、色々なことに興味がでてきてます。べーさんのブログを拝見すると、色々な分野の記事があり、話題の豊富さに驚きました。これからも宜しくお願い致します。

投稿: Zacco | 2006年6月19日 (月) 20時41分

本来はメインHPや別ブログのとおり、近代建築・近代化遺産関係でやっているもので、(他には古陶磁器)魚自体は昔から好きだったので古くから飼ってはいましたが、いろんな種類を知るようになったのは本当にここ数年です.まだまだ勉強不足で、かなり間違ってるところがあるかもしれませんがw.でも、魚は見ていて面白いですよね.

投稿: べーさん | 2006年6月20日 (火) 08時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1201901/29068070

この記事へのトラックバック一覧です: きっかけは・・・○○:

« おや? | トップページ | べーさんのブログをリンクさせて戴きました。 »