« メダカの観察。 | トップページ | 昆虫の図鑑 採集と標本の作り方 »

2006年8月18日 (金)

BE-PAL 2006年9月号

Fi2621388_1e

「BE-PAL」のことについては
度々このブログの記事の中に書いてきたと思う。
少し発売から遅くなってしまったが、
今月号は「夏真っ盛り・水遊び企画3連発」
と題して、

・捕まえた稚魚が分かる!「川魚の親子図鑑」
・雑魚党が日本最北端で雑魚遊び
・野田知佑の新・日本の川を旅する「尻別川編」

の記事。
野田氏の記事は個人的にパスなので、
あえて触れないでおこうと思うが、
先ず「川魚の親子図鑑」の方から紹介したいと思う。

コイ科に限らず、
稚魚の見分けは難しいですよね。
海の魚には稚魚と成魚があまりにも違うので、
図鑑なども出ているのですが、
淡水魚ともなると、少し値段が張る本しか無いですから、
判別しようと思うと、結構大変です。
(見慣れた魚やその川の優先魚種だったら別かもしれないですが。)

ですから、予告の時から楽しみにしていたのです。
解説は贅沢なことに秋山信彦氏!!
登場する魚種こそ少ないものの、
やはり並べて写真で紹介されていると、
大変分かり易いです。
こうした連載を続けてくれたらと強く感じる内容です。
(仔魚の方が大きく写っていたり不満もあるのですが。。。)

この雑誌はいつも巻末の方に連載されている
雑魚釣りニュースを毎号楽しみに読んでいるのですが、
今月号では中程にあり、探すのに少し苦労しました。(笑)

稚内でのガサが今月号の特集ですが、
北海道の淡水魚というと、
やはり北方ルートで日本にやってきた魚が中心となるので、
普段見慣れない魚が見れるのは楽しいです。

内容に関してはご自分で読んで欲しいので、
このくらいにしますが、
この内容で450円は本当に有り難い限りです。
是非、見かけられたら一読をお奨めします。
今月号は

|

« メダカの観察。 | トップページ | 昆虫の図鑑 採集と標本の作り方 »

参考文献」カテゴリの記事

コメント

おーー!!早速探しにいかないと。最近本屋へ行く回数が減ってしまい全く知りませんでした。しかも秋山先生だし。稚魚だし。買わないとですね。いつもZaccoさんの雑誌情報がとても役に立ってます。ありがたいです。

投稿: きつね | 2006年8月18日 (金) 23時04分

こんばんは稚魚がわかるんですか!!これは買いに行かないとですしかも450円はお買い得ですね自分も探してみます

投稿: Naoki | 2006年8月20日 (日) 00時33分

>きつねさんへBE-PALは下手な熱帯魚雑誌よりも淡水魚の連載は面白いですよ。熱帯魚雑誌で活躍中の執筆者の方がスクラムを組んで、連載をしている感じなんで。お奨めです。

投稿: Zacco | 2006年8月20日 (日) 07時18分

>naokiさんへ今回の特集では紹介魚種が少ないのですが、それでもこれだけ分かれば、少しは選択肢が絞れるのではないかと。。。立ち読みしてから(笑)購入されるか考えてみてもよいかも。

投稿: Zacco | 2006年8月20日 (日) 07時21分

早速購入してきましたw

投稿: きつね | 2006年8月20日 (日) 09時41分

>きつねさんへ早速購入されたんですね。相変わらずフットワークが軽い!!お楽しみいただけたでしょうか?

投稿: Zacco | 2006年8月20日 (日) 20時04分

早速ブログのネタに使わせていただきました。とても面白かったです。(一方通行ですが・・)トラックバックさせていただきました。P54のモリアオガエル(ちび)の写真がかわいいのと、P104の本が欲しくなりました。

投稿: きつね | 2006年8月20日 (日) 21時57分

>きつねさんへTBありがとうございます。こちらもTBさせていただきますね。紹介魚種が少なかったですが、楽しんでいただけて何よりです。104Pの本は淡水魚はないですが、お奨めですよ。連載の中から選んで出版されたものですが、残念ながら、省かれたものの中に興味があるものがあったので、個人的には少し残念でしたが・・・・続刊を祈るばかりです。

投稿: Zacco | 2006年8月20日 (日) 22時16分

今日、嫁さんが本探しに行ったらしいのですが、売り切れだったそうです。暫く探して見ようと思います。

投稿: きつね | 2006年8月21日 (月) 23時32分

>きつねさんへのんびり探してみてください。(*^_^*)結構、著者のキャラクターに惹かれると思います。面白くかつ博識です。この業界の方では、新しいタイプの方のような気がします。

投稿: Zacco | 2006年8月22日 (火) 19時40分

稚魚幼魚に関しては、以前採取した若魚が何だかわからずそれを調べられるかと思いましたので、早速買いました!読む……読む……「4cmを超える頃から身体が淡い緑色を帯び……(略」とっても緑色です、綺麗な綺麗な薄緑色の姿です。うちの正体不明の子、どうやらウグイの子のようですね。これで謎がひとつ解けました。いいですね! これからも活用できそうな一冊です。ご紹介ありがとうございますっ♪

投稿: うみへび | 2006年8月23日 (水) 22時40分

>うみへびさんへうみへびさんも買われたんですね。(*^_^*)ウグイ。。。いいなぁ!!福岡では出会えない魚の一つです。稚魚は難しいので、個人的にも写真を撮って掲載していきたいですね。来年の春以降になりそうですが。。。

投稿: Zacco | 2006年8月24日 (木) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1201901/29068100

この記事へのトラックバック一覧です: BE-PAL 2006年9月号:

» BE-PAL 2006年9月号 [静岡県淡水生物館]
Zaccoさんのブログで紹介されていたBE-PALの2006年9月号。ブログの記事を見て、すごく興味を持ったので購入してきました。 特集記事が水遊び企画3連発。 ・捕まえた稚魚が分かる!「川魚の親子図鑑」・雑魚党が日本最北端で雑魚遊び・野田知佑の新・日本の川を旅する「尻.... [続きを読む]

受信: 2006年8月20日 (日) 21時52分

« メダカの観察。 | トップページ | 昆虫の図鑑 採集と標本の作り方 »