« ヤリタナゴ Tanakia lanceolata | トップページ | 前回の写真の言い訳。 »

2006年9月30日 (土)

マクロレンズとプチガサ。

Fi2621404_1e











仕事が忙しくてなかなか記事を書くことはおろか、
コメントも書けず申し訳ありません。m(__)m
今週は風邪までひいてしまい、
完全にダウンしておりました。(x_x)

今日の休みは久しぶりに仕事を家に持ち帰らず、
のんびりと過ごしました。
昨日、仕事帰りに職場近くの川の堰堤が降りているのを確認。
ガサに出かける気満々だったので。(^。=)☆

さて、写真ですが、とうとうマクロレンズを購入しました。
さぼてんさんのコメントを参考に50ミリの方にしました。
(単にお金が無かっただけかも・・・・)
今まで、レンズ一本でやってきて、
他のレンズとの使い比べも出来ない状態だったので、
これから、少しずつレポートできたらと思います。
今日の写真は全てこのレンズで撮っています。

Fi2621404_2e











さて、ガサの方に戻ります。
久しぶりに入った川は今まで水の中にあったことから、
半年前とは姿がまるで違っています。
池や堤を干した時の状態を想像していただければと思いますが、
川底の石は苔むしているし、ぬかるんでいます。

当歳のカマツカが逃げる中をタモを持って進んでいくと、
最初に入ったのは同じく当歳のタカハヤでした。
その他にはカワムツ、オイカワが入ります。
今年はまだ早いかなぁ?!
と思いながらガサを続けていると、
写真の個体がやっと入ってくれました。
ヤマトシマドジョウです。

Fi2621404_3e











見慣れている人には、「なんだ」と言われてしまいそうですが、
ヒレの色など、よく見ると素晴らしい個体です。

佐賀県などでも捕れますが、地元ではこの川でしか捕れません。
マドジョウがなかなか捕れない九州ですが、
このドジョウだけでもタモに入ってくれるのは幸せなことです。

Fi2621404_4e











更に横から。

結局、今日のガサで持ち帰ったのはこの一匹だけですが、
個人的にはこれで充分。

これから水が無くなった川では遷移が起こり、
水性植物が活発に増え、また見慣れた川に戻っていきます。
今日は、この川でのガサシーズンの到来を楽しんだ短いガサでした。

Fi2621404_5e











きつねさんからリクエストのあった、
尻鰭の写真を追加しておきます。
点列の模様をよく見ておいてくださいね。(謎)

|

« ヤリタナゴ Tanakia lanceolata | トップページ | 前回の写真の言い訳。 »

ガサ日記」カテゴリの記事

コメント

ドジョウ好きのきつねがやってきました。ヤマトシマドジョウいいですね。尾びれが隠れてしまっているところがちょっと残念。いずれ、スジシマドジョウ(九州型)との比較写真をお願いできるとうれしいです。

投稿: きつね | 2006年9月30日 (土) 22時52分

ヤマトシマドショウとシマドジョウとはどのへんが違うのでしょう?スジシマドジョウでも、シマドジョウみたいな模様のヤツいますし、同じシマドジョウでも水域によってかなり差があります。もう、なにがなにやら・・・

投稿: べーさん | 2006年10月 1日 (日) 07時47分

>きつねさんへスジシマドジョウ(九州小型)は水槽の中にいるのですが、見るときにはカメラを持っていないことが多いんですよ。今度機会があれば、紹介したいと思います。しっぽの写真は今度追加しておきますね。

投稿: Zacco | 2006年10月 1日 (日) 20時16分

>べーさんへヤマトシマドジョウとシマドジョウ、文献には色々な判別方法が載っているのですが、実際よく見ると(というより、見れば見るほど)分からなくなります。まったくべーさんの仰る通りの現象がここでもみられます。福岡では、マドジョウを除けば、スジシマドジョウ(九州小型)、ヤマトシマドジョウ、イシドジョウの3種しか生息していません。ですから、素人の私は、消去法をして同定するしか無いとさえ思っています。特にこの写真の個体はメスだと思いますので、更に判別点を紹介するのは難しいですね。

投稿: Zacco | 2006年10月 1日 (日) 20時24分

ヤマトシマドジョウ、私がまだ見ぬドジョウ。写真をみさせて頂くと、背面が観賞しがいのある鮮やかな模様ですね。分類ってあまり意味の無いものもありますよね。ヤマトシマドジョウ内でも外見は変わらないのに、染色体の数の違いで分類されてるみたいですしね。

投稿: ryu-oumi | 2006年10月 2日 (月) 08時56分

>ryuさんへ分類は普通に飼う分には全然関係無いと思います。その個体が気に入って飼うわけですから。飼うのも、こう飼わなきゃいけないというのが無いのと同じですね。「ただ、綺麗だから飼う。」でいい気がします。ただ、興味を持ち始めると、そのことについて知りたいという願望が生まれ、女心よりシマドジョウの方が分かんねぇ!!なんて叫びだしたら、私同様病気かもしれません。(笑)

投稿: Zacco | 2006年10月 2日 (月) 18時52分

マクロレンズ購入おめでとうございます!!!ホントビックリするくらい大きく写りますよね~実は、自宅撮影所が仕事場に移動し、ニコンF50とマクロレンズを買ってもらいました!大型ストロボの光る、怪しげな事務所ですが。。。(^▽^;)さすがに自宅に持ち帰って撮影は出来ませんが、商品撮影におけるマクロレンズの威力たるや、表現力恐るべしです。急にweb販売の売上変わるし。。。マクロレンズの撮影、これからも楽しみに拝見させて頂きます(o*。_。)oペコッ

投稿: さぼてん | 2006年10月 6日 (金) 16時04分

>さぼてんさんへマクロレンズと一眼レフを買ってくれる会社に僕も就職希望!!ってお魚は撮れそうにないですね。。。。カメラ持ち出し禁止なら、職場に魚を持っていっちゃいますか。(笑)最近あまり写真を撮る時間が取れていないのですが、レンズを変えると、見える風景が変わることが面白いです。今まで意識していなかったものが撮れたりするといいのですが。

投稿: Zacco | 2006年10月 6日 (金) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1201901/29068118

この記事へのトラックバック一覧です: マクロレンズとプチガサ。:

« ヤリタナゴ Tanakia lanceolata | トップページ | 前回の写真の言い訳。 »