« 秋の気配と台風後の川 | トップページ | マクロレンズとプチガサ。 »

2006年9月24日 (日)

ヤリタナゴ Tanakia lanceolata

Fi2621403_1e











暫く途絶えていた我が家の飼育魚の紹介ですが、
うみへびさんのブログ「うみーの掃き溜め愚痴日記」
の遠征記事に触発されてヤリタナゴを紹介することに。
残念ながら事故で☆になってしまったようですが、
九州産のヤリタナゴを紹介しようと思った次第です。

さて、写真がそのヤリタナゴです。
婚姻色こそ退色しているものの、水槽飼育のお陰か(?)、
まだ名残を残してくれているように感じます。
尾びれの中央に赤い色が出ているのは図鑑などでは思わず見逃して
しまいやすい点のような気がします。

Fi2621403_2e











ヤリタナゴといえば、日本でも最も生息域の広いタナゴで、
それだけに地域変異の大きいタナゴの一つです。
これもタナゴの中では比較的原始的な構造を持つと言われる
アブラボテの仲間だからでしょうね。

慣れていないと、婚姻色が出ていない時期のタナゴは
一見他のタナゴと見分けがつきづらいものですが、
ヒゲの長さ、側線の明瞭な点などで区別がつきやすい種類です。

カネヒラや他のタナゴも綺麗なのですが、
一番シンプルな姿をしているような気がして、
タナゴ水槽には必ず居て欲しい種類です。

婚姻色が出ている時期は他のタナゴ同様性格が荒くなりますが、
もともとタナゴ自体が飼いやすい魚だと思いますので、
よほど過密に飼育しない限り、飼育はし易いと思います。

前の記事のコメントでも書いたのですが、
折角色々な場所に住む方がブログに来ていただけるのですから、
婚姻色が出る頃に地域変異を皆さんで紹介しあったりすると
面白いと思います。
その際は是非、色々な場所のヤリタナゴを見せて下さい!!
お願いします。m(__)m

Fi2621403_3e













あまり綺麗では無いのですが、以前撮った写真を追加しておきます。
6月頃の写真なので、婚姻色は。。。
ヤリタナゴの婚姻色は最高潮に達するまでに
数段階の色の変化があるような気がします。
来年是非紹介してみたいです。

|

« 秋の気配と台風後の川 | トップページ | マクロレンズとプチガサ。 »

我が家の魚の紹介」カテゴリの記事

コメント

いかがわしいトラックバックから身を守る、トラックバックの受信設定手順 ① Doblogに、ログイン ② 管理メニューの『MyDoblog』をクリック。 ③ MyDoblog管理ページが表示される。 ④ トラックバックの受信設定の『自分のブログのURLが書かれていない記事からのトラックバックを拒否する』に、チェックを入れる。⑤ 『設定保存』をクリック。これで、OKの筈です (^^)

投稿: asc | 2006年9月24日 (日) 00時51分

>ascさんへアドバイス有り難うございます。m(__)mフィルターをoffにしているとスタッフブログに書いてあったので、そんなものか?と思っていたのですが、いちいち削除するのが大変だったので、助かりました。(^。^)早速、設定設定変更させていただきました。有り難うございます。

投稿: Zacco | 2006年9月24日 (日) 01時00分

うちのヤリの婚姻色は消えてしまいました。アブラもタイバラも。あるとき、某巨大掲示板のタナゴスレに「ヤリくらいしか取れないからつまんない」と書き込んだら、「この贅沢ものめ。タイバラすら取れないところもあるんだよ」と怒られちゃいました。う~ん、やっぱり全国的には減少傾向にあるんですかねぇ。

投稿: べーさん | 2006年9月24日 (日) 07時20分

忘れてたw以前紹介したうちのヤリの婚姻色の記事を張って置きます。http://blog.livedoor.jp/besan2005/archives/50504127.html

投稿: べーさん | 2006年9月24日 (日) 07時22分

綺麗なヤリですね~見てて羨ましいっこれだけ綺麗な子達が泳いでいるとさぞ水槽も賑やかでしょうっ今回私の方は運搬時に全滅させてしまいましたが次こそは!!ちなみにうちの周りには全然タナゴが居なくて、私の家には霞ヶ浦で釣った外来のオオタナゴとタイバラしか居ません……10月になったら深い所にいたタナゴが用水路などの浅いところに移動するのでそこでアカヒレが釣れたら嬉しいのですけど……

投稿: うみへび | 2006年9月24日 (日) 17時39分

>べーさんへヤリタナゴの写真見せていただきました。有り難うございます。m(__)m何となく尻ビレの黒い部分の入り方とか、似てますね。私も後で、以前撮ったヤリの写真を追加しておきます。我が母校のある柳川でもボテだらけという話を聞いたり、ヤリも貴重になりつつあるのですかね。悲しいですが。

投稿: Zacco | 2006年9月24日 (日) 19時08分

>うみへびさんへアカヒレ捕れるといいですね。色々なページでゲットの記事を読むので、てっきりアカヒレタビラは関東では、かなり生息数が多いのだと勘違いしてました。ヤリは僕の行く川では比較的沢山泳いでいます。ただ、釣り上げられてリリースされた個体が多いので、口が傷だらけだったり。。。。;^_^)トリートメントが大変なイメージが強いですね。読んだ記事からで申し訳ないのですが、オオタナゴも青、白、黒系の婚姻色が出るらしいです。是非見てみたいです。

投稿: Zacco | 2006年9月24日 (日) 19時15分

あ、間違えた。。。それにしても、これまた綺麗な姿ですね。。。よほど過密に飼育しない限りφ(。。;)メモメモ って、写りすぎですからぁ!

投稿: さびてん | 2006年9月25日 (月) 18時59分

うちにもヤリタナゴいますが・・・プランターに移しちゃったので上からしか見れません><けど、ヤリタナゴもこんなに綺麗になるんですね!それと・・・またまたさぼてんさんと同じツッコミを・・・^^ちょっと後ろのタナゴ軍団多くないですか?^^ニカッ^^v

投稿: たこちゃん | 2006年9月25日 (月) 22時18分

>さぼてんさんへさびてん!?あたふた (((^^;)(;^^) ))あたふた一瞬何のこと分からずに、さぼてんさんのブログにとんで行きましたよ!!そういうことだったとは。。。。さぼてんさんの偽物ではなく、僕の打ちミス。(ToT)゛スンマセンやはり数が多いかな?確かに「タナゴの全て」のようには少数飼育はしてませんが、実物はそうでもないんですけれど。。。今度、全体像を紹介しますね。

投稿: Zacco | 2006年9月25日 (月) 22時43分

>たこちゃんへプランターに移したのなら、来年はきっと春以降に綺麗な色を見せてくれるのでは?ってメスってオチじゃないですよね?(^。^)やはり過密ですかね。。。。下の記事と同じ時に撮った写真なので、餌に集まって居るだけだと思いたい。(笑)最近、実際の川でのタナゴの生態を見て、少しこの水槽のレイアウトをいじったりしてるせいもあるのかな?近日公開しますね。

投稿: Zacco | 2006年9月25日 (月) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1201901/29068117

この記事へのトラックバック一覧です: ヤリタナゴ Tanakia lanceolata:

« 秋の気配と台風後の川 | トップページ | マクロレンズとプチガサ。 »