« 鶴瓶の家族に乾杯 滋賀県高島市(前編) | トップページ | 知らない人に魚をあげる。 »

2006年10月10日 (火)

BE-PAL 2006年11月号

Fi2621413_1e












昨日はブログの状態がおかしく、
コメントなどが書き込み出来なかったようで
申し訳ありません。m(__)m

このブログでは、時々こうしたことが起こります。
スタッフからずっと謝罪はあるものの、
一向に改善されません。
NTTデータの実力はこんなもんです。

さて、謝罪&愚痴から始まってしまいましたが、
今日は「BE-PAL」の発売日でした。
毎月「月刊雑魚釣りニュース」を楽しみにこの雑誌を購入しています。
今月号もと楽しみにページを開いたのですが、
正直ガッカリしました。

というのも、雑魚党入党3年目というライターが、
生息地公開をしているから。。。。
(川の名前が出ている)
確かに珍しい魚はいないようではあるが、
「雑魚党」と名乗るからには、こうしたどこにでもいそうな魚
を大切にしてこその雑魚党ではないのだろうか?
全国紙であるからには、
その辺のことに配慮して欲しい。

「お気に入りの連載だからこそ、許せない。」
そういう気分です。

|

« 鶴瓶の家族に乾杯 滋賀県高島市(前編) | トップページ | 知らない人に魚をあげる。 »

参考文献」カテゴリの記事

コメント

会社勤めのサラリーマンがジャーナリストと勘違いしていたり、人気記事書いて売れればという企業姿勢が隠しきれないでいたりします。何処まで現場や現状を知っているのか?体験しているのか?さえ疑問です。適当な現場写真で観念的に言葉羅列して記事は書けますから…。残念ですね。私のシマドジョウもひょっとしたら地域型のスジシマドジョウかも知れません。写真を見ると殆ど見分けがつかず、ある特徴が一致していたりします。でも、それを言ってしまうと特定されて場が荒れてしまうこともあるので敢えて明言していません。難しいですね。

投稿: 懐畔泥鰌 | 2006年10月11日 (水) 21時17分

>懐畔泥鰌さんへ最近、生息地の公開の自粛は随分出版界に浸透してきていると思います。そんな中での記事だったので、少し残念でした。鎌倉市某河川でも、記事の内容からいって特に問題無いとおもわれるのですが。。。残念ながら、スジシマドジョウは見ただけでは私には分かりません。どこまで公表するのか?というのは、本当に難しい問題ですね。話はガラリと変わるのですが、今日田んぼ脇の用水路でよさげな田砂が採集出来そうな場所を見つけました。私も少し水槽をいじってみたくなりました。参考にさせていただきますね。

投稿: Zacco | 2006年10月13日 (金) 22時45分

えーと。厳しいご意見ですね。でも、同じようなことを感じました。丁度、10日が祝日前と言うこともあり週末に入手できたのですが、少々残念に思って記事にするのを辞めていました。

投稿: きつね | 2006年10月13日 (金) 22時53分

>きつねさんへ僕は個人的に渡辺先生や奥山氏の連載が好きなんですよ。好きだからこそ、残念なんです。今まで「BE-PAL」を絶賛していただけに。。。私の書評は厳しすぎると良く言われます。ただ、初見の時は厳しいくらいで良いのかな?と個人的に思っています。本って、開く度に感想は変わるものだと思うからです。ですから、感想が変わった時には記事も書き直していこうと思ってます。

投稿: Zacco | 2006年10月13日 (金) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1201901/29068127

この記事へのトラックバック一覧です: BE-PAL 2006年11月号:

« 鶴瓶の家族に乾杯 滋賀県高島市(前編) | トップページ | 知らない人に魚をあげる。 »