« スジシマドジョウ小型種九州型? | トップページ | カワムツに似た魚。 »

2006年10月 2日 (月)

ヤマトシマドジョウ Cobitis sp.

Fi2621408_1e











ここのところシマドジョウ類の紹介しかしていませんが、
前の記事を書く時に撮った写真があるので、
もう少しおつきあい下さい。m(__)m

ヤマトシマドジョウは少し前まで
「タイリクシマドジョウ」と呼ばれていました。
これは雄の胸ビレに円形の骨質盤を持つものは、
ヨーロッパ産のタイリクシマドジョウと同種とされ、
体側斑紋の違いにより、
タイリクシマドジョウとスジシマドジョウに分類されていたからです。

Fi2621408_2e











しかし近年の研究によると、
このグループには日本にも6種類いることが分かってきました。

ひいてみると、ヤマトシマドジョウです。(笑)
前からみると500系のぞみみたいにみえますね。
人間が作り出した形のほとんどが、
自然界のどこかに似た形があるような気がしています。

Fi2621408_3e











横からアップで見ると、こんな感じ。
目の下に後方に向かって立てることのできる棘状の骨があります。
ぱっと見分かりにくいと思いますが、
実際に触ってみると分かり易いのでは?
と思います。

その他にもスジシマドジョウ小型種九州型との
見分けのポイントがあるのですが、
ここではあえて紹介しません。

Fi2621408_4e











DNAレベルの類似性から、シマドジョウ2倍体種の雌と
スジシマドジョウ小型種九州型の雄との交雑による
異質4倍体とみられているそうです。

それにしても、丸々と太った感じが素敵です。(^。=)☆彡

今回の説明は山渓カラー名鑑の解説を参考にさせて戴きました。
興味のある方は是非御覧になってみて下さい。

Fi2621408_5e











背中や側線、尻鰭の模様、勿論色々な魅力のある魚ですが、
私のお薦めはこの輝きです。

生息環境を考えると、砂の中に潜っていることが多いので、
飼育の際は、水槽の中でも、底を細かい砂にしてあげた方が
落ち着くのではないでしょうか。
私はなかなかそうできていないのですが。。。(;^_^A アセアセ…

|

« スジシマドジョウ小型種九州型? | トップページ | カワムツに似た魚。 »

我が家の魚の紹介」カテゴリの記事

コメント

写真ありがとうございます。こういう近接撮影したいなー。デジカメそろそろ新しく・・。身体の斑紋見ると、確かにシマドジョウですね。

投稿: きつね | 2006年10月 4日 (水) 00時42分

>きつねさんへアップで撮ると、少し印象が違っていたので載せてみました。九州に住むシマドジョウは全部で9種類いると、ある方が紹介されてましたが、僕には今回のレポートが限度です。(×_×)

投稿: Zacco | 2006年10月 4日 (水) 17時59分

アップの写真、目がかわいくて良いですね。私の場合、腕もカメラも悪いもので、全体写真でごまかしています。やはり、細部の模様まで見えると伝わるものが違いますね。

投稿: ryu-oumi | 2006年10月 5日 (木) 11時20分

私もシマドジョウを飼育していますが、正確には何ドジョウなのか区別がつきません(ToT)スジシマドジョウではないのは確かですが…。ま、可愛いからいいです。ヤマトシマドジョウは日本固有種ですね。身近にいるのですか…羨ましいです。Blogを始めたきっかけにもなりましたが、田圃はあれどコンクリート水路で生体の生育環境が奪われています。底砂は田圃の泥から砂を抽出しました。市販の物ではなく正真正銘の田砂を使っています。(記事にしました)もうひとつは川の下流のできるだけ細かい砂を濾して使っています。また遊びに来ます。今後ともよろしくお願いします。

投稿: 懐畔泥鰌 | 2006年10月 5日 (木) 23時11分

正面アップ写真!すごいです。素敵な写真の数々、うっとりです。(*´∇`*)シマドジョウ???ヤマケイの本で名前を知りましたが、出会う機会もなく。。。いつか。(*゜▽゜)ノ

投稿: さぼてん | 2006年10月 6日 (金) 16時14分

>ryuさんへ私はまだまだ写真の腕は今イチなので、そう仰られると恐縮です。ブログを始めたお陰で、色々な方とお知り合いになることができ、色々な事に興味を持つことが出来るようになりました。本当に有り難いことです。

投稿: Zacco | 2006年10月 6日 (金) 20時57分

>懐畔泥鰌さんへコメント有り難うございます。こちらこそ宜しくお願い致します。m(__)m本物の田砂とは羨ましい限りです。きっとドジョウたちには最高の底床なのではないでしょうか。(記事読ませていただきました。)以前は私も川の環境に近づけたくて、細かい砂を使っていたのですが、最近は魚の体色を濃いめに出したいので、黒っぽい底床を使っています。懐畔泥鰌さんの所のドジョウはシマドジョウでよいと思いますよ。

投稿: Zacco | 2006年10月 6日 (金) 21時13分

>さぼてんさんへまだまだ忙しくしているので、コメントが遅くなり申し訳ありません。写真はまだまだですが、少しずつ練習してます。ドジョウ類は魚の卵を食べてしまうので、以前はあまり積極的に飼ってなかったのですが、今回、良い機会だったので、載せてみました。さぼてんさんもお暇になったら、是非。見ていて面白い魚です。

投稿: Zacco | 2006年10月 6日 (金) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1201901/29068122

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマトシマドジョウ Cobitis sp.:

» ø [Τνêuonozoki no syodana]
ø :ë ĸů ë a4757 餫餳С οä$ääΤ ä μομΤ餵 ... [続きを読む]

受信: 2006年10月 2日 (月) 22時14分

« スジシマドジョウ小型種九州型? | トップページ | カワムツに似た魚。 »