« カワムツ Zacco temmincki | トップページ | 外来シジミータイワンシジミの侵略ー(山のうえのさかなたちNo.43) »

2006年10月17日 (火)

何かがおかしい。

Fi2621421_1e_2











この写真はヤリタナゴですが、
春の産卵期に撮った写真ではありません。
実は今日撮った写真なんです。

先日お腹がパンパンになったカネヒラのメスをみて不憫に思い、
秋産卵型のタナゴの繁殖は難しいと思いながらも、
貝を水槽に入れた結果がこの通りなのです。

Fi2621421_2e











しかも一匹や2匹ではなく、
水槽の中の雄が全てこの状態で、
貝の周辺に縄張りを作るべく、
ファイティングモード全開という感じです。

カネヒラ雄は残念ながら貝にも近づかせてもらえません。(;>_<;)ビェェン

Fi2621421_3e











今年の九州はまだまだ暖かいので、
水槽飼育のタナゴは勘違いしているのだと思いますが、
別の水槽のヤリタナゴの婚姻色がこの写真の状態だということを
考えると、やはり貝を入れた結果だと思われます。

ヤリタナゴに関わらず、タナゴはどうやって貝の存在を知るのでしょう?
その答えは「魚のぞきの書棚」で紹介した、
「貝に卵を産む魚」の中で紹介されていますので、
簡単に紹介したいと思います。

元々タナゴは臭いに敏感な魚で、
貝のはき出す水の臭いで判断しているとのことです。
そのため、単に死んだ貝を入れただけでは、
タナゴは興味を示しません。
また、貝の種類もこの臭いで判断するとのことですから、
凄い嗅覚です。

カネヒラの産卵はやはり単独水槽で、個体の雌雄比を考えながら
行わないといけないようです。
単独水槽。。。。
なんとか立ち上げたいと思います。

Fi2621421_4e












写真は縄張り争いをするヤリタナゴのものです。
(06年10月19日追加)

|

« カワムツ Zacco temmincki | トップページ | 外来シジミータイワンシジミの侵略ー(山のうえのさかなたちNo.43) »

→タナゴ」カテゴリの記事

コメント

貝の匂いがタナゴの婚姻色を誘発したのですね。綺麗な色が出たヤリタナゴです。カネヒラとは微妙に棲み分けするのでしょうか?貝の種類?が反応の差ですかね…。面白いです。

投稿: 懐畔泥鰌 | 2006年10月17日 (火) 23時57分

種類によって利用する貝が決まっているんですね。これを知らずにカラスガイとマツカサガイを水槽に放り込みましたが、カネヒラは見向きもしてくれません。

投稿: はに | 2006年10月18日 (水) 01時34分

貝による婚姻色の反応、面白いですね。目的のカネヒラは不発に終わって残念ですが、興味深い話で勉強になりました。

投稿: ryu-oumi | 2006年10月18日 (水) 08時52分

>懐畔泥鰌さんへ私の採集ポイントではこの2種が仲良く泳いでいるのですが、産卵期になり気が立った雄は縄張り意識が強くなるので、こうした光景がみられます。ヤリタナゴは比較的貝を選ばないようですが、カネヒラは大型のカタハガイに産卵するようです。今回採って来た貝が小さいのも原因かもしれませんが、何よりも安心して産卵できる環境が作れていないのが、今回の失敗の原因だと思います。

投稿: Zacco | 2006年10月18日 (水) 19時48分

>つうさんへカネヒラはイシガイ、カタハガイなどに産卵するようですが、貝は大型の方がよいようです。貝の種類は無ければ、違った貝にも産卵するようなので、なんともいえないのですが、やはり安心して産卵できる環境が大切なんだと思います。できれば屋外の方が良いようです。再チャレンジしたいと思います。

投稿: Zacco | 2006年10月18日 (水) 19時51分

>ryuさんへ私自身も想像していなかったので、少し驚きました。今年は9月に台風などで一度気温が下がり、10月になって再び暖かい日が続いているので、これが一つの原因だと思いますが、貝でこれほどの変化があるとは!!私のような素人が秋産卵のタナゴの繁殖に手を出すのが、そもそもの間違いなのかもしれません。ただでさえ難しいのですから。でも、何事も経験だと思います。今年駄目でも、来年、再来年。。。。

投稿: Zacco | 2006年10月18日 (水) 19時55分

はぁ~~ヤリタナゴ綺麗ですね~うちにはタナゴはタイバラとオオタナゴしか居ませんのでこうやってこちらで拝見させて頂いて目の保養をさせていただいております。婚姻色が出たことに関しては、やっぱり温度と貝関連なんでしょうか。ライトで一定時間照らしている(?)ので、日照時間による判断がないのかもーですね。今週末、再度滋賀行ってきます。今回は重装備。ヤリタナゴが群れているポイントを前回見つけたので、どんな感じの体色か見てきますね!

投稿: うみへび | 2006年10月19日 (木) 02時43分

>うみへびさんへヤリタナゴだけでなく、滋賀遠征の記事楽しみにしてます!!うみへびさんの記事は内容もさることながら、文章が楽しいですから。(*^。^*)我が家のタナゴ水槽は出窓に置いてあるので、日照時間はほぼ自然です。鑑賞する際にはこの限りではないのですが。。。婚姻色の報告も楽しみにしてます。見比べると面白いですよね。前回のポイントに行かれるのだと思いますが、ヤリがゲットできるといいですね。

投稿: Zacco | 2006年10月19日 (木) 08時59分

すみません。写真に見とれてました。。。(*´∇`*)動きと、遠近感(前後のボケ)と、素晴らしいですね。マクロレンズだとしても、絞りとシャッター速度のバランスは難しいもの、恐れ入りました!

投稿: さぼてん | 2006年10月21日 (土) 19時52分

>さぼてんさんへテクが無いので、写真がワンパターンになりがちで。。。。まだまだ修行中です。正面からの画像が難しいのと、やはり構成をもっと頑張りたいです。相手が生き物なので難しいのですが。。。

投稿: Zacco | 2006年10月22日 (日) 23時12分

タナゴってそんなに匂いに敏感っというか、嗅覚が優れているんですね!勉強になりました^^ところで、毎回いい感じの写真ですね^^なんかバックの景色と魚がマッチして、なんともいえない良さが出てますね!うちもレイアウトをZaccoさんの様にして写真撮ってみようかな~^^

投稿: たこちゃん | 2006年10月23日 (月) 23時33分

>たこちゃんへ一般に繁殖期のタナゴが貝に近づく行為を「貝のぞき」と言いますが、実際は排水口からでる水の臭いをかいでいるのだそうです。お魚キラーを仕掛けてもかなり反応が良いので臭いに敏感なのは間違いないかも。水槽のレイアウトは逆にごちゃごちゃし過ぎではないかな?と思っています。たこちゃんの水槽の方が雰囲気があっていいと思いますよ。私の水槽ではマツモも間延びしてしまいましたし。。。採ってきた水草(パロットフェザー?)は少し気に入っています。

投稿: Zacco | 2006年10月24日 (火) 19時33分

ヤリタナゴの婚姻色いいですね~。近隣に生息していないので(50km以上離れています)いずれ探しに行きたいですね。

投稿: きつね | 2006年10月26日 (木) 22時58分

>きつねさんへヤリもシンプルですが、私はもの凄く好きなタナゴですね。まだまだこちらでは普通に見られる位生息していますが、きつねさんの方では、なかなか厳しいのですね。採集お祈りしてます。

投稿: Zacco | 2006年10月27日 (金) 16時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1201901/29068135

この記事へのトラックバック一覧です: 何かがおかしい。:

« カワムツ Zacco temmincki | トップページ | 外来シジミータイワンシジミの侵略ー(山のうえのさかなたちNo.43) »