« 外来シジミータイワンシジミの侵略ー(山のうえのさかなたちNo.43) | トップページ | バラタナゴ »

2006年10月19日 (木)

色々とやってみました。

今日は仕事が休みだったので、少しだけフィールドに出てきました。
先日タイリクバラタナゴを捕りに行ったのに、
写真の方に集中して消化不良だったことがその理由です。

久しぶりに入る川では、カマツカが先導するように
足下を上流に向かって逃げていきます。
先へ進む程その量は多くなり、約20匹の当歳のカマツカが
一度に逃げていく姿は圧巻です。

Fi2621423_1e












さて、写真はオオフサモの水中葉です。
この川には元々ホザキノフサモが生えていたのですが、
いつの頃からか、こいつに置き換わってしまいました。
水槽に入れる為に少量持ち帰ります。

水槽に植えてみたのですが、既に2本くらい抜けてしまいました。
シマドジョウ達の仕業です。(×_×)

さて、ガサ自体はそれ程長くしていないので、
ここで自宅に帰って水槽の手入れをしました。

Fi2621423_2e












写真はアヌアビス・ナナの葉っぱです。
成長が遅いことから苔むすことの多い葉っぱですが、
さぼてんさんの記事を参考にコケ落としをしてみました。
方法は、
木酢酢(100円程度)を買ってきて、約1/3に薄め葉っぱに塗ります。
すぐに水道で洗い流し、6時間程経った姿がこの姿です。
コケが赤くなり枯れているのが分かると思います。
良く聞く方法ですが、実際にやってみると、
実に簡単で即効性が高いことが分かると思います。

Fi2621423_3e












水替えと並行してレイアウトも少し変更しました。
現在の状態です。

今日のガサで流木も採ってきたので、一度煮沸して
これにナナを輪ゴムで止めてみました。
流木を入れた分、石の数を減らしてしまったのですが、
レイアウトは自分が気に入るまで、今後もいじって行く予定です。

水槽のレイアウト変更と水替えをして、
ようやく撮ることができたのがこの写真です。
このタナゴ、何タナゴかお分かりですか?

Fi2621423_4e












答えはセボシタビラです。

先日遠征に行きそびれましたが、
一緒に行く予定だった友人が採集してきました。
捕れたのは僅か2匹。
その内、一匹をブログで紹介することを条件に戴いたのです。
(有り難う。Aさん!!)

しかし、写真を撮る前に水槽に入れてしまった為に、
なかなか紹介出来なかったのですが、今日やっと撮れたという訳です。

戴き物のセボシですが、私も捕ってみたい!!
それはいつになるか分かりませんが、
実現したら、ここで紹介したいと思います。

|

« 外来シジミータイワンシジミの侵略ー(山のうえのさかなたちNo.43) | トップページ | バラタナゴ »

水槽日記」カテゴリの記事

コメント

セボシタビラは、図鑑で九州分布のタナゴとなっていますが、お話を伺っていると、そちらでもあまり見かけないタナゴなのですか?(絶滅危惧種らしいとはきいていますが。)

投稿: ryu-oumi | 2006年10月21日 (土) 08時50分

本のほう、届きました。ありがとうございます。近いうちに紹介させていただきますね。

投稿: べーさん | 2006年10月21日 (土) 14時13分

はじめまして!佐賀県在住の3?のたなごバカです。なかなか細かい観察で、楽しく拝見させてもらっています。私も10年くらい前から淡水魚にはまってしまい色々な経験をしてきました。現在は、純系の「ニッポンバラタナゴ」と、生息の可能性がある、「セボシタビラ」を求めて、少ない時間で川を覗き込んでいます。セボシに関しては(県外)、4、5年前までは釣れていた場所でも、現在ではまったく釣れなく、若干、大き目の河川に出かけないと釣れなくなっているようです。まぁ、コンクリート護岸などの影響があるようですが・・・。以前の採集エリアにて、佐賀県の「セボシタビラ」を求めて、必ず見つけたいと思います。お邪魔しました~!

投稿: yossy | 2006年10月21日 (土) 18時05分

いつもの河口付近では、ボラやハゼが先導するように足下を深みに向かって逃げていきます。先へ進む程その底は深くなり、泥に体は沈んで行き、目の前を数百匹の魚たちが一度に逃げていく姿は無念そのものです。そうかぁ、Zaccoさんも同じ気持ちかぁ。。。 ←違うだろうオーーーイッッ!!☆ヾ(`Д´*)ナナ作戦、大成功おめでとうございます!流木に、、、あ、めっけ!自然な雰囲気ですね! これからも楽しみにしています。私もいじりたいのですが、、、o( _ _ )o~† パタッ

投稿: さぼてん | 2006年10月21日 (土) 19時45分

>ryuさんへセボシタビラはyossyさんのコメントでも分かる通り、減少しているようです。元々、九州北西部ならどこでも捕れるというタナゴでは無いことと、情報公開により乱獲されたことも原因でしょう。勿論、都市化による生息域の狭小化という問題もありますが。。。

投稿: Zacco | 2006年10月22日 (日) 22時53分

>べーさんへ本が無事届いたとのこと。安堵致しました。べーさんのブログで紹介していただけるとのこと、楽しみにしております。

投稿: Zacco | 2006年10月22日 (日) 22時53分

>yossyさんへ佐賀からのコメント、本当に嬉しいです!!有り難うございます。私も30うん歳の日淡バカです。(*^▽^*)ェおまけに「佐賀県の淡水魚」が愛読書ですから。半年に一回くらいは採集にも行ってます。タナゴを巡る状況は厳しいですね。私も数年前まで柳川に住んでいましたが、状況がかなり悪いと聞いてます。佐賀県の淡水魚に関する歴史は素晴らしいもので、私の住む地方とは雲泥の差だと感じています。佐賀県でのセボシとニッパラの発見お祈りします。字数の関係上あまり長く書けないのですが、今後とも宜しくお願いしますね。

投稿: Zacco | 2006年10月22日 (日) 23時01分

>さぼてんさんへお忙しいのに、沢山のコメント有り難うございます。m(__)m私の知り合いも広告業をしているので、さぼてんさんの会社も似たような状況かな?と勝手に想像しております。さぼてんさんの記事のお陰で、ナナが綺麗になりました。有り難うございます。水槽をいじる度にごちゃごちゃとしてしまい、まだまだお洒落同様「省く勇気」が持てません。さぼてんさんの水槽はもの凄い改造ですね。私も色々考えてみたいと思います。

投稿: Zacco | 2006年10月22日 (日) 23時07分

あまり詳しくはないですが、え~っと、今から7年ほど前に近くの流れがあまり無い川で、セボシタビラっぽいのを40匹ほど捕まえた事があります。この間、その場所に行ってみたのですが、1匹もいませんでした><どこ入っちゃったのやら・・・

投稿: たこちゃん | 2006年10月23日 (月) 23時39分

>たこちゃんへおそらくたこちゃんが捕まえたのは、シロヒレタビラではないかと思います。とっても綺麗なタナゴですよね。以前の文献にはタビラとして一括りにされていたこともありますが、鰭の色や模様の違いなどから今は分類されています。シロヒレタビラも探すとなると難しいのかな?また会えること祈ってますね。

投稿: Zacco | 2006年10月24日 (火) 19時28分

セボシタビラ。。いいですね。婚姻色が出るとまた良いのですが。シロヒレタビラ、セボシタビラのようにヒレに白色が出るのを見たいです。

投稿: きつね | 2006年10月26日 (木) 23時03分

>きつねさんへセボシも一匹で飼うことがいいことなのか?そういう事を含めて考えてしまいます。セボシに比べれば生息数の多いシロヒレなどは、まだまだ危機がセボシに比べると少し遠いのでしょうが。。。。戴いたセボシは多分オスだと思いますので、婚姻色が出たら、掲載したいと思います。メスの採集、繁殖までできればいいのですが。。。

投稿: Zacco | 2006年10月27日 (金) 16時28分

初めてコメント致します。
自分は福岡市在住のたかと申します。
自分もタナゴ採集が好きで九州中採集に行きまくってます。
ちなみに九州にいるタナゴ類全て採集場所を把握しております。
アクア系の友人が全くいなく、いつも一人採集に行っております。
よろしかったら一度一緒に採集に行きませんか⁇
私が知ってる場所ならご案内致します。(*^_^*)
宜しくお願いします。

投稿: たかちゃんマン | 2013年2月 6日 (水) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1201901/29068137

この記事へのトラックバック一覧です: 色々とやってみました。:

« 外来シジミータイワンシジミの侵略ー(山のうえのさかなたちNo.43) | トップページ | バラタナゴ »