« 佐賀県遠征記(番外編) | トップページ | タナゴの分類(はじめに) »

2006年11月21日 (火)

例のツチフキ(その後)

Fi2621444_1e                                                        以前採集したツチフキ。
結構大きくなってくれました。
とはいっても全長10センチになるそうですから、
我が家のツチフキはまだまだですね。

その中でも一番大きなツチフキは追い星を出しています。
胸ビレの前縁に白い点があるのがお分かりでしょうか?
本来、ツチフキの産卵期は4月から6月。
我が家の水槽はヒーターで20℃に設定されているので、
こうした変化が見られたのだと思います。

ツチフキのオス、メスの見分けは一般に背びれの大きさです。
(大きい方がオスです)

日本産淡水魚はryuさんのブログの記事でもコメントしたのですが、
全体を見ると、一見地味な魚が多いと言われます。
しかし、こうした小さい発見があることや、
一年の内のある時期だけ限定でみられる特徴など、
知れば知るほど面白いんですよ。(^。^)

元々水槽飼育ではカマツカやツチフキ、ゼゼラは痩せやすく、
長期飼育が難しい部類に入る魚です。
それがここまで大きくなってくれたことは、
飼育者として少し自信がつきました。

そこで、今回の遠征で一年しか生きないといわれる
ゼゼラを持ち帰って飼育してみることにしました。
ツチフキ同様大きくなって欲しいものです。

|

« 佐賀県遠征記(番外編) | トップページ | タナゴの分類(はじめに) »

水槽日記」カテゴリの記事

コメント

うちのカマツカちびちゃん達は元気に育って?います。大きさの変化は無いのですが、来年の春以降急成長するのではないかと。ツチフキやゼゼラは顔がカマツカ程細長くなくて愛嬌ありますよね。濃尾平野(愛知県)まで行けば生息しているようです。

投稿: きつね | 2006年11月21日 (火) 22時50分

ツチフキは、こちらではほぼ幻の魚ですね。滋賀県での平成14~15年の一斉調査では,1つの内湖での採集例があるだけでらしいです。胸ビレに追い星が出るんですね、勉強になります。

投稿: ryu-oumi | 2006年11月22日 (水) 08時25分

お久しぶりです。相変わらず興味深い内容で、画像を含めマメに更新されているようでZaccoさんには圧巻です。最近、佐賀に遠征されていたんですね。流石です。さて「ツチフキ」ですが、一般てきには、やや、透明度のある河川、もしくは、それに連なる用水路等に生息していると思われがちですが、実際、私の経験上、全く透明度のない、「止水域」にかなりの密度で生息しています。カワバタモロコや、バラタナゴ、ヨシノボリ等と生息しています。産卵期には、三面コンクリートの側面に、幼魚がびっしり張り付いている姿も見受けられますよ。又、「ゼゼラ」は、ひかりクレストの「キャット」(底棲肉食魚)の沈下性人工飼料を四等分してやったら良く食べ、痩せずにすみましたよ!長々とお邪魔しました。

投稿: yossy | 2006年11月22日 (水) 21時47分

>きつねさんへカマツカ飼育の難点は土の中に潜るのでレイアウトが壊されてしまうことです。また、魅力は土の中に潜ることです。(笑)ちびカマツカ春以降でしょうね。大きくなるといいですね。(問題もありますが。。。)ツチフキはオスの背びれが魅力的です。なかなか図鑑の魚全てに会うのは大変ですよね。。。

投稿: Zacco | 2006年11月23日 (木) 19時15分

>ryuさんへツチフキはそういう状況なんですね。ゼゼラがいるから、当然ツチフキもって思っていました。私は意外なほど地元に偶然いたので、ちびを獲ってきて飼育しているのですが、弱い、弱いと聞かされていたので、この追星は嬉しかったんです。琵琶湖周辺でも意外な場所で力強く生きていて欲しいなぁ。

投稿: Zacco | 2006年11月23日 (木) 19時18分

>yossyさんへお久しぶりです。情報有り難うございます。ツチフキは稚魚の頃と成魚の頃では生息環境を変えると聞いていますが、仰るように私がツチフキを採集した場所もお世辞にも綺麗な流れとは言い難い用水路でした。今回の目的のカワバタモロコはそういう環境に生息しているんですね。実際に早く見てみたいです。ひかりクレストの「キャット」早速買ってきたいと思います。本当に詳しい説明とアドバイス有り難うございました。参考にさせて頂きます。また、結果を報告させて戴きます。

投稿: Zacco | 2006年11月23日 (木) 19時22分

うちは濾過砂利が痛いのか今のところ潜らないですね。シマドジョウはがんばって潜っていますwヒカリクレストのキャット1/4は、たまにカマツカもつついています。うちの場合、1/4にしたのをオイカワ&タイバラが咥えて持ってってしまいますけどねw

投稿: きつね | 2006年11月24日 (金) 23時26分

ゼゼラ、ツチフキはなんか飼育が難しかったです><なかなか人工飼料を食べてくれないし・・・Zaccoさんが言われるとおり痩せていくし・・・これらをいい健康状態で長期飼育できたら本当に自信が付きますよね^^

投稿: たこちゃん | 2006年11月25日 (土) 23時00分

>きつねさんへ確かにひかりは他の魚も持って行ってしまいますね。(^。^)カマツカはもう少し大きくなると、おそらく潜り出すと思います。私の家では大磯なんてなんのそのって感じで潜ってますから。。。

投稿: Zacco | 2006年11月26日 (日) 22時59分

>たこちゃんへツチフキやゼゼラは本当に難しいですね。今回ツチフキが上手くいっているので、ゼゼラもと挑戦していますが、今のところ人工餌も食べてくれているようです。多めに餌を与えるのと、水替えをマメに行うことで対応していこうと思っています。今後も経過を報告しますね。(^。^)

投稿: Zacco | 2006年11月26日 (日) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1201901/29068160

この記事へのトラックバック一覧です: 例のツチフキ(その後):

« 佐賀県遠征記(番外編) | トップページ | タナゴの分類(はじめに) »