« 骨質盤 | トップページ | ヌマムツ Zacco sieboldii »

2006年11月 4日 (土)

相変わらず。。。

Fi2621431_1ejpg_3                                                                                                                                                                                                                                                

相変わらず我が家のタナゴ水槽では、
ヤリタナゴが貝を巡って闘争を続けております。
そんなに一生懸命戦っても、
メスのお腹はぺっちゃんこなのに。。。(・_・、)

Fi2621431_2e                                                                                                                                                                                                            

 

強いオスがこの頃決定したみたいで、
このオスが近寄ってくる他のタナゴを
オス、メス関係無く攻撃しています。

攻撃の方法は色々とあるのですが、
中で一番派手なのは、並行に泳いでいてしっぽ同士を絡めて、
お互いがぶつかるというもの。
戦う意志のあるオスはヒレを決して閉じません。

Fi2621431_3e                                                                                                                           

 

両者のぶつかり合いはこんな感じでどんどん続きます。
弱い方がはじき飛ばされるような感じに見えます。

Fi2621431_4e                                                                                                                         

 

怯えた他のタナゴたちはというと。。。
こんな風に一時避難です。
とういうのは嘘ですが、水槽の反対に移動して、
その部分だけ個体の密度が上がります。

写真は水替えの後で、驚いているタナゴたち。

Fi2621431_5e                                                                                                                           

更にミナミヌマエビくん達もこうして避難。

これは本当にこういう感じで、
まさに嵐の去るのを身を寄せて待っているように見えて、
これはこれで面白い光景です。

しかし、本命のカネヒラの産卵を促すためにも、
ヤリタナゴは別の水槽に移した方がよさそうですね。。。


|

« 骨質盤 | トップページ | ヌマムツ Zacco sieboldii »

→タナゴ」カテゴリの記事

コメント

タナゴの美しさももちろんですが、逆光でこれだけ素敵な写真が撮れるなんてヽ(‘ ∇‘ )ノ ウットリです(*´∇`*)流木、味がありますねぇ。ミナミ君達、ナイスな隠れ姿です。。。( ̄m ̄* )ムフッ♪

投稿: さぼてん | 2006年11月 5日 (日) 01時16分

>さぼてんさんへ逆光。。。写真が暗かったり、光の具合が分からんとです。(;>_<;)ビェェン試行錯誤してこういう写真になってしまっています。流木は好きで結構使うのですが、レイアウトをころころ変えているので(変えさせられているので?)、魚は少し落ち着かないかも。根っこに隠れる魚はたこちゃんのパクリです。(笑)というか、貝が根っこを浮かせてしまったところに魚が隠れていたので、これはチャンスとばかりに撮影してみました。ミナミくんは、良く観察すると面白いですね。べーさんも最近取り上げられていた、カラーバリエーションとかも楽しいですね。(^。^)

投稿: Zacco | 2006年11月 5日 (日) 19時58分

記事へのコメントでなく恐縮です。参考に教えて頂けたらありがたいです。私の水路漁りの道具はタモが殆どです。田圃の畦が殆どなので柄が届けばこれで事は足ります。なのに何故か四つ手網は何故か禁止されていません。叉手網(サデ網)をお使いなんですね。私もやってみたいです。一番の関心事は…ゴム長でやられてますか?深い場所だと腰までのやつ?通常の長靴だと岸に向いてガサをやるにしても水が入りますよね?腰までのが欲しいなと思いつつBlogを読ませて頂いてました。魚市場で働ける姿になっちゃいますね…ははは。私も写真や画像をBlogの重要な要素としています。そのコメントをしようかと思ったのですが関係ない話ですみません。

投稿: 懐畔泥鰌 | 2006年11月 5日 (日) 21時38分

ヤリタナゴの婚姻色いいですね~。バトルの様子が垣間見得る写真も楽しく拝見させていただきました。うちも、あいかわらずオイカワvsタイバラが続いていますよ。最近、大きくなってきたカワムツ(だと思いますが)も参戦しています。

投稿: きつね | 2006年11月 5日 (日) 21時42分

>懐畔泥鰌さんへ質問有り難うございます。(^。^)私はヴェーダー(肩吊り式のゴム長)を年中着ています。消耗品と考えていますので、釣具屋で3千円から4千円の閒のものを選んで買ってます。特にこれからの時期、腰まで川の中に入るには、必需品です。私は個人的にハヤ類など遊泳性の高い魚を捕まえるときは、自作のサデ網を使うことが多いです。タナゴなどにはタモも使いますし、採集する場所によって使い分けています。ただ、網の奥行きはあった方が採集し易いですね。参考になれば良いのですが。。。私の道具はその内、紹介したいと思っています。懐畔泥鰌さんも是非色々と試してみて下さい。採集の場所や魚種の幅が広がって楽しいですよ。

投稿: Zacco | 2006年11月 6日 (月) 19時05分

>きつねさんへ当初、カネヒラだけの水槽を起ち上げようと思っていたのですが、なかなか時間が無くてできていません。ヤリタナゴやアブラボテなどは本当にしつこいくらい攻撃してますね。タナゴを婚姻色が出ている時期に採集すると、ヒレがぼろぼろの個体がいますが、きっと川の中でも同じ光景が繰り広げられているのだと思います。カワムツも参戦ですか。。。。ますます賑やかになりますね。(苦笑)

投稿: Zacco | 2006年11月 6日 (月) 19時09分

あ~こういう写真が撮りたい・・・水槽なのに川っぽい。下から2枚目の写真のような石と流木の間隔がなんとも素敵です!(変な所で感動しちゃってます*^^*)

投稿: たこちゃん | 2006年11月 6日 (月) 21時20分

>たこちゃんへおっ!!御本人の登場ですね。(^。^)この構図は、確実にたこちゃんの写真のパクリです。(;^_^A アセアセ…水替えをした後、貝に持ち上げられていた流木の下に隠れているタナゴを撮ってみました。写真は難しいですね。でも、楽しいんですけど。

投稿: Zacco | 2006年11月 7日 (火) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1201901/29068146

この記事へのトラックバック一覧です: 相変わらず。。。:

« 骨質盤 | トップページ | ヌマムツ Zacco sieboldii »