ガサ日記

2006年11月19日 (日)

佐賀県遠征記(番外編)

Fi2621443_1e                                                        以前佐賀のyossyさんからコメントを戴いた時に、
yossyさんがニッポンバラタナゴを佐賀県内で探しておられるとのこと
だったので、今日は少しだけ気を付けて見てみました。
何しろカゼトゲタナゴが沢山入るポイントなので、
あまりカゼトゲタナゴに用が無い私は
今までこのポイントでバラタナゴを注意して見ていなかったからです。

結果からいうと、バラタナゴ自体がほとんどいない場所だと思われます。
なぜなら、3時間2人でガサをして入ったのがこの個体のみだからです。
勿論見落としはあると思いますが。。。

Fi2621443_2e                                                        アップにしてみましたが、ヒレの状態が分からず申し訳ありません。
しかし肉眼的には白線はありません。

Fi2621443_3e                                                        少し水中から出て貰いました。
印象としてはタイリクバラタナゴほど体高が無いように思われます。
ただ、バケツに入れた後で観察ケースに入れ、
色が抜け気味なので、今後も観察を続けようと思います。
また、何か分かったら、書きたいと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

佐賀県遠征記2

Fi2621442_1e                                                        今回も一番網に入ってくれたのはカゼトゲタナゴでした。
図鑑などの情報から、一部地域に細々と
というイメージが強いと思いますが、
場所によってはかなりの数が生息していると思います。

地元産のものと違いがあるかどうか観察するために
少しだけ持ち帰りました。

Fi2621442_2e                                                        アブラボテです。
今回はなぜか大型の個体は少なかったです。
しかもタモに入るポイントが限定されていて、
少々残念でした。
アブラボテは色彩に地域変異が大きく、
九州の個体にも特徴があるのですが、
それはまたの機会の紹介になりそうです。

獲りたての水中から出た時は紫色の色彩があり、
単に茶色いタナゴではないと思います。
気が強いのが難点ですよね。

Fi2621442_3e                                                        ヤリタナゴです。
写真では分かり辛いのですが、私がいつも獲る地元産のヤリと比べて、
九州のヤリの特徴である「体高が低い」という特徴が
顕著な印象を受けました。

Fi2621442_4e                                                        ムギツクです。
この魚も比較的沢山捕れました。
幼魚の時のヒレがオレンジ(時には赤い)で綺麗です。
オヤニラミやドンコに託卵することが有名ですが、
このポイントでは、ドンコの方が多いので、
こちらに託卵しているのでしょうね。

Fi2621442_5e                                                       で、オヤニラミです。
今回この個体だけでした。
昨年は2匹採集していますが、年々減少しているようです。
最近は本来の生息域でない場所で繁殖していたりして、
関東でも見られるようです。

本来の生息域で現象し、どこ産かも分からないハイブリッドの
オヤニラミが繁殖しているというのは、悲しいことです。

さて、写真は以上なのですが、
他に獲れた魚を書くと、
・カワムツ
・ヌマムツ
・ナマズ
・ギンブナ
・ゲンゴロウブナ
・カムルチー
・ドンコ
・バラタナゴ
などがタモに入りました。

この中で特筆すべきは、このポイントでは以前見られなかった
ヌマムツが網に入ったことです。
勿論このポイントの形態を考えると、
他の流域から侵入することは可能なのですが、
少し驚きました。
「佐賀県の淡水魚」によると、佐賀の人たちは以前から、
カワムツとヌマムツをそれぞれカワバエ、ホリ(堀)バエと
呼び分けていたそうですから
居ること自体はそんなに驚くことではないのかもしれません。

また、今回ナマズの本当に小さい個体(親指サイズ)が
タモに入ったのですが、
友人がどうしても持って帰って飼うというので写真がありません。
きつねさんに是非お見せしたかったのですが。。。

今日のガサは結局雨に濡れてしまった為に、
複数のポイントを廻るということができませんでした。
このため、友人のポイントであるカワバタモロコなどの採集などが
行えず、次回に持ち越しとなってしまいました。

本来は今晩友人の家に泊まり、明日もガサの予定だったのですが、
明日提出しなければならない書類ができてしまったために、
残念ながら今日帰ってきました。

その内、リベンジしたいと思います。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

佐賀県遠征記1

今日の九州は一日雨が降ったりやんだりの一日。
でも、北風はさほど強くなく、寒さはさほど感じませんでした。
朝4時に起き、30分くらい準備をして出発。
目指すは佐賀県。
友人とは現地待ち合わせ。

しかし、計算していたのは平日の朝の交通量を考えての所用時間。
明らかに早く着いてしまい。
まだ、日も昇っていない状態。。。
仕方なく近くのコンビニで朝食をとる。

Fi2621441_1e                                                        やがて日が昇ってしばらくした頃友人も合流してガサ開始。
写真は今日獲ったオイカワ。
獲った時は良い色で紹介しようと思ったのですが、
バケツの中に入れていたので色が変わってしまっています。
そうです。。。
現場にカメラを持って行くのを忘れてしまったのです。。。
ですから、今日の写真は全て家に帰って来てからのものです。

今日は獲れた魚を順に紹介しながら、
色々と思いつくまま書いてみたいと思います。

Fi2621441_2e                                                         さて、次はゼゼラ。
一年ぶりに見ました。
季節毎に住む場所を変えている様子で、
このポイントでは大体同じ時期に見られます。

淀川にはヨドゼゼラという新種がいるようですが、
九州に居るわけもなく、普通のゼゼラだと思います。
似た種ではカマツカは沢山獲れたのですが、
ツチフキには今回も会えず。

Fi2621441_3e                                                         イトモロコです。
この個体は観察ケースの中では色が銀色になって
特徴の紹介がしにくいので、水槽の中での撮影です。
前のゼゼラと模様などが似ているのは、
両者ともにカマツカ亜科の魚だからです。
水中を遊泳するか?地面をはっているか?の違いなのでしょうか?

話は逸れましたが、イトモロコの特徴は側線鱗(側線のある鱗)が
他の鱗に比べて縦に長いことです。
今回もかなりの数のイトモロコが泳いでいました。

Fi2621441_4e                                                        スジシマドジョウ小型種九州型(?)
実はこの1匹しか獲れませんでした。
以前はこの個体ばかりのポイントだったのに。

このポイントに今回着いて感じたのが、エビモが少なくなって、
アナカリスが一面を覆っていたこと。
また葦が全く無くなっていました。
これは川の栄養価が上がったことが原因なんでしょうが、
泥が川底に堆積し、スジシマドジョウが好む
砂礫底の部分が少なくなっていたことがとても気になりました。

Fi2621441_5e                                                        マドジョウです!!
しかも中型から3センチの稚魚までかなりの数が今回獲れました!!

マドジョウごときで興奮することも無いのでは?
とお思いの方もいらっしゃると思います。
しかし、このブログに良くお越し頂いている方はご存じと思いますが、
九州でマドジョウを探すのは本当に苦労します。

今回これだけ沢山のマドジョウが獲れた背景は先ほど書いた
川底の変化によるのではないかと思っています。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

遠征は延期。

Fi2621438_1e                                                        今日起きてみると、空は快晴。
昨日の天気が嘘みたい。
で、時計を見てみると。。。。
9時!!!ハッ(@_@)ウソデスゥゥ
そう。やらかしてしまいました。
待ち合わせは9時。
急いで友人に連絡して、遠征は来週に延期してもらいました。

そこで、以前見かけたアユを捕りに行こうと別の友人と近場の川へ。
しかし、そこにアユの姿は無い。(^◇^;)
折角色々と装備を作成したのに。。。

そこでどうするか友人と話すと、
以前ブログで書いたバラタナゴの記事を見ていて、
興味があるとのことだったので、一緒にバラタナゴ捕りに。

Fi2621438_2e                                                        昨日の雨の影響で、着いた川は水量がやや多めで、
流れも速く少し濁っていました。
ハヤ類であれば、こういう時は、やや上流の深い場所や
岸の草がたれて陰になっているところを狙うのですが、
今日はタナゴ。
少し勝手が違います。

バラタナゴはその小ささから
ヤリタナゴやカネヒラに比べて捕りやすいと思われがちですが、
意外に泳ぎは素早いです。
特にこの川は岸が水没していたことから、
川岸の水草が育つまでにはまだまだ時間がかかるので、
泳いでいるバラタナゴを捕るのは難しいんです。

僅かにあるボサの中を蹴飛ばしてみたのですが、
採れるのは小さな個体ばかり。
スレに弱い印象があるので、友人には
できるだけ大きな個体を持って帰らせたい。
と思っていると、深い所で貝を発見。
その周囲の石を少しずつ動かしていくと、
大きめのサイズのバラタナゴがタモに。

Fi2621438_3e                                                        目的のタナゴも捕れたし、友人は今日捕れたバラタナゴ用の
水槽を買いに行くというので、ここで帰宅。
それから水槽の写真撮影をして過ごしました。

バラタナゴもニッパラかタイリクか?はさておき、
こうして見ると、なかなか良い感じに見えます。

Fi2621438_4e                                                        先日捕まえてきたバラタナゴはこんな具合です。
少しお腹やヒレが黒っぽくなってきました。
ニッパラの特徴ですが、交雑個体でもこの現象が見られるようなので、
もう暫く観察が必要でしょうね。

来年の春過ぎには婚姻色が綺麗に出てくれると思いますので、
その頃にはまた紹介できると思います。

Fi2621438_5e                                                         タナゴ水槽では相変わらず、こんな光景が。。。
ヤリタナゴ同士の写真ですが、カネヒラとも同じような状態です。
やはりこれはなんとかしないと!!

ということで、現在色々と計画中です。
どういう風にするのか?はまた報告したいと思います。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

遠征中止。。。( ^.^)( -.-)( _ _)

今日は朝から雨。
昨日の夕方までは、朝方は大丈夫みたいな予報だったのですが、
強風警報まで出る始末。。。
遠征は明日に延期?まだ、分かりません。

さて、そこで短い時間のガサに出かけてきました。
採れたのは色々なのですが、
持ち帰りは僅か。

Fi2621434_1e                                                       先ずはヌマムツです。
前回の記事で成魚を登場させましたが、
今回は若い個体を紹介。
この前の記事では、見て下さった方に誤解を与えるかも(?)
と思ったもので、一匹持ち帰ってきました。
婚姻色が出ていないこともあり、
カワムツのように見えると思います。

Fi2621434_2e                                                        次に網に入ったのは、オイカワ。
まだまだ、小型の部類に入るおそらくメスの個体です。
我が家の飼育魚シリーズで登場していないので
(とはいいつつも、夏頃にはかなり登場したのですが。。。)、
採集直後の姿を撮影したく、持ち帰ってきました。

ここからはタナゴです。
Fi2621434_3e                                                         まずはカネヒラ。
写真を見ていただくとお分かりの通り、
黒点病がかなりでています。
後で紹介するヤリタナゴと比べると、
同じ場所で採ったとは思えない程。

タナゴ類は季節によって移動することが知られていますが、
こうした事情が関係しているのかもしれませんね。

同じカネヒラでも、九州の個体は婚姻色の赤い部分が広いのが特徴とか。
また岡山や琵琶湖の個体ほど大きくならないらしいです。
私はこの地域のカネヒラを見たことがないので、
逆にそちらの個体も見てみたいです。

Fi2621434_4e                                                         さて、ヤリタナゴの雌です。
オスは今回残念ながら、網に入りませんでした。
やはり昨日から降り続いた雨で川が濁っているので、
見ながらの採集が出来なかったのが原因でしょう。

僅かながら産卵管が出ているのには驚きました。
やはり今年は川の中でも異常気象の影響を受けているようです。

Fi2621434_5e                                                        最後に二枚貝の紹介を。
トンガリササノハガイです。
九州北部には普通にいる種類のようで、
琵琶湖に行くと、やや細長いササノハガイが生息しているようです。
今回カネヒラの繁殖用に2つほど持ち帰りました。

この記事で紹介出来なかった魚についてですが、
ヌマチチブの大型個体、カゼトゲタナゴなども網に入りました。
約1時間くらいのガサですが、やはり天気の良い日にガサをしたい!!

さて、明日は遠征ができるのだろうか。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

知らない人に魚をあげる。

今日は久しぶりに休みが取れました。(^◇^)/
本当は柳川に友人とセボシタビラを探しに行く予定だったのですが・・・
叔父から知り合いのドクターがメダカを欲しがっているので、
捕ってきて欲しいと頼まれ、あえなく中止に。

で、仕方なくメダカを捕りに行って来ました。
成果はというと、この写真のとおり。

Fi2621414_1e











「んっ!?」と思った方、鋭い!!

Fi2621414_2e

















普通のクロメダカに混じってこんなのが泳いでいます。
勿論、採集個体ですよ。

「メダカを捕ってきた」と書いて、
おそらくこのブログによく遊びに来て下さる方は、
「例のポイントで捕ってきたのだろう。」
そう思われたと思います。

しかし、今回は知らない人に魚を差し上げるということで、
少し考えました。

Fi2621414_3e












以前のブログで書いたことがあるので、
たこちゃんは覚えているかもしれませんが、
私の住む地域では、放流起源と思われる
ヒメダカが泳いでいる川があるのです。
(恥ずかしいことですが・・・)

ここ3年、川の水位が落ちると、駆除を行っているのですが、
一度川に入ったヒメダカを完全に駆除することは不可能に近いことと、
もしかすると、既に遺伝子汚染されてしまっているのかもしれません。
いくら駆除しても、メンデルの法則で
一見普通のクロメダカと思われる個体から
ヒメダカが誕生しているのかもしれません。

当然、採集してきた個体にヒメダカが混じっていることで、
私が差し上げたメダカを仮に飼えなくなっても、
「放流するとどういうことになるのか?」
ということをお話するきっかけになってくれると考えたのです。

私は通常、知らない方に魚を差し上げることはお断りしています。
今回はたまたまですが、差し上げる方に
少しでも現在の日本産淡水魚の現状を考えていただければ。
そう思います。

今回は目に見える形でその違いが分かる魚種でしたが、
同じクロメダカ同士でも、遺伝形質の違うものを放流することは、
生態系に与える影響が大きいことを加えて書き記しておきます。

Fi2621414_4e

















写真は今日捕ったヒメダカの中の1匹ですが、
背骨に奇形を生じています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

川を見て想う。

さて、今日の休みはヤマトシマドジョウの観察に行ってきました。
「どのくらい生息しているのだろうか?」
そう思いながら、前回の川に向かいました。

Fi2621406_1e











写真の場所は堰堤が上がっていた閒は水の底だった場所。
基本的には岸の部分と変わらない川底が広がっています。

Fi2621406_2e











岸の付近はこんな感じ。
ちょうど今の時期は干潟のようになっています。
今から植物が生長して草むらに変わろうとしている最中。
少し臭います。

Fi2621406_3e











川底をよく見てみると、砂地の場所でも上に茶色のコケが。

堰堤を上げて、一時的に池のようになった川が再生するのには、
暫くの時間が必要。
砂が堆積して沈み込んだ石が川の流れに洗われて姿を現したり、
水草が生長して水中の栄養を吸収したり、
色々な微生物が働いていたり、
「川本来の能力にまかせるしかない。」
というしか無いのですが、
毎年繰り返すこうした自然の営みについて川を見ながら考えるのも、
休みの過ごし方としては悪くない気がします。

Fi2621406_4e











で、肝心の成果はというと、
約30分くらいで10匹捕れたので、終了。
この川では結構な数がいるのではないかと想像できます。
ヤマトシマドジョウ自体は、「いる川にはいる」。
というしか無いのですが、
北部九州では比較的場所さえおさえれば、捕れるドジョウです。

ドジョウ類を捕るのは、潮干狩りに似ていて少し楽しかったです。
ショウケと呼ばれるザルを川下に置き、
砂をその中に両手で搔き込んでいくと、ドジョウが姿を現します。
タモでやる場合も同様にすればよいと思いますよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月30日 (土)

マクロレンズとプチガサ。

Fi2621404_1e











仕事が忙しくてなかなか記事を書くことはおろか、
コメントも書けず申し訳ありません。m(__)m
今週は風邪までひいてしまい、
完全にダウンしておりました。(x_x)

今日の休みは久しぶりに仕事を家に持ち帰らず、
のんびりと過ごしました。
昨日、仕事帰りに職場近くの川の堰堤が降りているのを確認。
ガサに出かける気満々だったので。(^。=)☆

さて、写真ですが、とうとうマクロレンズを購入しました。
さぼてんさんのコメントを参考に50ミリの方にしました。
(単にお金が無かっただけかも・・・・)
今まで、レンズ一本でやってきて、
他のレンズとの使い比べも出来ない状態だったので、
これから、少しずつレポートできたらと思います。
今日の写真は全てこのレンズで撮っています。

Fi2621404_2e











さて、ガサの方に戻ります。
久しぶりに入った川は今まで水の中にあったことから、
半年前とは姿がまるで違っています。
池や堤を干した時の状態を想像していただければと思いますが、
川底の石は苔むしているし、ぬかるんでいます。

当歳のカマツカが逃げる中をタモを持って進んでいくと、
最初に入ったのは同じく当歳のタカハヤでした。
その他にはカワムツ、オイカワが入ります。
今年はまだ早いかなぁ?!
と思いながらガサを続けていると、
写真の個体がやっと入ってくれました。
ヤマトシマドジョウです。

Fi2621404_3e











見慣れている人には、「なんだ」と言われてしまいそうですが、
ヒレの色など、よく見ると素晴らしい個体です。

佐賀県などでも捕れますが、地元ではこの川でしか捕れません。
マドジョウがなかなか捕れない九州ですが、
このドジョウだけでもタモに入ってくれるのは幸せなことです。

Fi2621404_4e











更に横から。

結局、今日のガサで持ち帰ったのはこの一匹だけですが、
個人的にはこれで充分。

これから水が無くなった川では遷移が起こり、
水性植物が活発に増え、また見慣れた川に戻っていきます。
今日は、この川でのガサシーズンの到来を楽しんだ短いガサでした。

Fi2621404_5e











きつねさんからリクエストのあった、
尻鰭の写真を追加しておきます。
点列の模様をよく見ておいてくださいね。(謎)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

秋の気配と台風後の川

最近仕事の方が忙しく、なかなか更新して無かったのですが、
流石に川に行かない日が続くと、気が変になりそうだったので、
今日は短いガサに行ってきました。

台風に見舞われた九州ですが、
今回の台風では風による被害が大きかったみたいです。
実際、今日川に行ってみると、沢山の木が倒れていました。
また、増水を回避するためでしょうか?
堰堤が一時的にさがっており、水の流れが早く、
カゼトゲタナゴなどは岸の近くを群れて泳いでいました。
また用水路の水位が減ったせいで
メダカが大量に川に入ってきていたり、
いつもとはかなり違った様子に少し驚きました。

さて、今日の目的はカネヒラに会うことです。
秋産卵型のカネヒラですが、少しずつ婚姻色が出始め、
この時期以降、雄は最高の色彩を見せてくれます。
大型個体に比べ、小型の個体の方が婚姻色が鮮やかにでており、
タモに入った時の感動は何物にも代え難いほどです。

Fi2621402_1e











Fi2621402_2e











写真の個体は今日捕った個体ですが、
綺麗でしょう?
この婚姻色を見ると秋だなって感じます。
これを見たら今までの僕のフラストレーションは
一気に飛んで行きました。
皆様にもお裾分け。(^。^)

今日は環境が変わっていたので、調子が摑めなかったのですが、
それでも3匹ですがカネヒラの雄を捕まえる事ができました。

ヤリタナゴやカネヒラを捕まえてて思うのですが、
これらのタナゴは岩の陰を出入りしていることが多いので、
岩の下手にタモを構え、岩を少しずつどかしていくと、
意外な程簡単に捕まえることができます。
勿論、用水路とか別の環境では捕り方も変わるのでしょうが。
もし釣り以外の方法で捕れるポイントがあったら、
試してみてください。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金)

お魚キラー

Fi2621397_1e

今日は稚魚の採集をする閒にお魚キラーを仕掛けました。
僕が使っているのはnaokiさんと同じものと、
「スーパーお魚キラー」という写真のものの2つです。

どこがスーパーなのか?というと、
普通のものより少し大きいということだけです。
中に入れる餌は、写真に写っているマルキューの「つけるだけ」
というもので、これで結構魚が入ります。

naokiさんもブログのコメントで書かれていたのですが、
お魚キラーによく反応してくれる魚の一つに
タカハヤがいます。
釣りをしていても一番に餌に反応する魚ですから、
当然と言えば、当然の結果のような気もしますが、
水槽で飼育していて「こいつは食い意地が激しいなぁ」と
思っている魚ほど効果的といえると思います。

お魚キラーの問題点は魚が捕れすぎることがある。
ということでしょうか。
勿論条件次第ですし、捕れすぎた魚は種類によっては
リリースすべきだと思います。

その他として、
・水の流れがある所で使うと効果的。
・魚の活性が上がる気温がある程度高い時期に限られる。
・使ってはいけない河川がある。(漁業規則によって)
などがあります。

Fi2621397_2e

で捕れたのはというと・・・
ほとんどがバラタナゴです。
稚魚が多かったので一部、写真を撮ってみました。
(取り出すのが大変でした・・・)

その他はオイカワが3匹。
今回はブルーギルの駆除を主な目的としていたのですが、
入ってくれませんでした。
居なくなったと信じたいものです。

それにしても、お魚キラーを仕掛けながら、
川の中を覗いていたのですが、
しきりに流下物を食べているオイカワがいるかと思うと、
川のコンクリート壁に生えた藻を食べているオイカワもいました。
本来なら、川の底の石に生えた藻を食べるのでしょうが、
ここでは完全に石が土砂に沈んでいるので、
そうした適応をしているのでしょう。

川を覗く度に色々な発見がありますね。(^。^)

| | コメント (20) | トラックバック (0)