→カワムツ・ヌマムツ・オイカワ

2006年9月 8日 (金)

稚魚の比較(カワムツとオイカワ)

「さかなをとる!」http://blog.livedoor.jp/simayosinobori/
のnaokiさんのブログをみていて、
改めて稚魚の見分けは難しい。。。と思いました。
そこで、今日は稚魚の見分けを実際の個体を捕まえてきて
してみることにしました。
稚魚と言うにはやや大き過ぎる気もするし、
時期的に少し遅い気もしますが。。。
稚魚はその種しか生息していない河川から採集してきたので、
間違いは無いと思います。

Fi2621396_1e

先ずはカワムツの稚魚から。
サイズは1センチを少し超えた程度。
しかし、このサイズでも大きすぎるかもしれません。
縦縞こそないものの、何となく親の姿に似ています。

次にオイカワ。
この個体は上のカワムツと比べると若干大きいです。
この時期の僅かな大きさの違いはかなりの差を生じますから、
比較の対象としてはやや不適切かもしれません。

Fi2621396_2e

更に背景の条件が違っているので、
分かりにくくて申し訳ないのですが、
まだこの時期は全身が銀色で、
オイカワの方が全体に光沢がある印象があります。

さらにカワムツの稚魚を。

Fi2621396_3e

そしてオイカワの稚魚です。
右へ行くほど大きな個体になっています。
だんだんと吻の部分に赤い点がでているのが分かると思います。

Fi2621396_4e

結論を言うと、
今回の比較は見た方の印象を一定にすること
ができないような少々強引なものになってしましました。
稚魚というには大きな個体しか捕れなかった
こともその一因で、
来年のもう少し早い時期にタカハヤなどの他の稚魚も含めて
再チャレンジしたいと思います。

今回の記事は、このサイズの稚魚を捕った方に
両者を見分ける際に、お役に立てればと思います。

ただし、この他のコイ科の魚がいる所で捕った場合、
更に見分けが難しくなってしまいますね。(;^_^A アセアセ…

| | コメント (10) | トラックバック (0)