参考文献

2006年10月31日 (火)

ドジョウの雑学。

さて、問題です。次の漢字はなんとよむでしょう?
タイトルといきなり関係無い内容ですが。(;^_^A アセアセ…

1.奈萬豆
2.土生

さて、お分かりでしょうか?





さて、解答を。
↑私のブログでは、このパターンが多いなぁ。(笑)

1.はナマズ。
大昔の日本人は、ウロコ一枚もないなめらかな肌触りからナマズといい、
この字をあてていたとのことです。

2.はドジョウ。
他にも泥鰌、鰌、土長、泥生などとも書かれます。
泥または土とは切っても切れない関係にあることから
ドジョウという名前が誕生したことが分かって面白いです。
懐畔泥鰌 さんが、ブログの中で一生懸命土作りをされているのも
こうしたドジョウの習性によるものと思われ、
来春の繁殖が楽しみです。

さて、ナマズは置いておくとして、今日の主題はドジョウ。
私の書棚から面白い記事を見つけたので、
紹介したいと思います。
ご存じの方もいらっしゃると思いますが、
暫しお付き合い戴けたら幸いです。

まずは諺「同じ柳の下にドジョウはいない」というのは本当か?

この本によると本当のようです。
どういうことなのか?というと、
こういう実験をやった人がいるとのこと。

日が良く当たる場所と日陰の場所を適当に配した3つの池に
ドジョウを放し、移動集散を調べた。
良く晴れた日→どの池でも日陰を好んで集まる。
曇りの日→分布の偏りがなくなった。

元々ドジョウは照度が増すとこれを避けようとする性質がある。
もしも池端や川辺に大木があれば、晴天には周りにいるドジョウは
日陰をしたって集積し、「柳の下にドジョウがいる」公算が大きい。
しかし、曇りの日には折角の柳の御利益も無くなるという訳。

さて、次に時々話題になるドジョウとスジシマドジョウの交雑種。

人工的に両者を交配すると受精するが、
その成功率はかけ合わせ方によって違うそうです。

ドジョウ(オス)×シマドジョウ(メス)と、
シマドジョウ(オス)×ドジョウ(メス)では、
前者の方が受精率が高い。

近縁な動物間では高温に住む方の精子は一般に小さい傾向があるらしく、
ドジョウの精子はシマドジョウの精子より小さく、卵内に入り易いというのが、その理由のようです。

では、シマドジョウ同士ではどうか?
シマドジョウには大型、中型、小型など種の隔離があり、
例え受精が成功しても、妊性があるとは限らないようです。

大型種は低温な環境、小型種は高温な環境に適応したもので、
体長、卵径、精子の大きさ、発生速度の違いが
ドジョウの種分化と純粋性をもたらしたようだと書かれています。

勿論、組み合わせによっては妊性を持つものがあり、
一般にオスは妊性を持つが、メスは不妊であったとしています。

ここで、思い出されるのが、以前紹介したヤマトシマドジョウの問題。
ヤマトシマドジョウは、DNAレベルの類似性から、
シマドジョウ2倍体種の雌と
スジシマドジョウ小型種九州型の雄
との交雑による異質4倍体とみられているそうですから、
ここまでくると訳が分からなくなります。
複雑ですね。

さて、書類仕事が一段落して時間ができたので、
紹介してみましたが、この本自体が古い本なので、
現在は違っているかもしれません。

しかしながら、こういう風に色々と調べてみると面白いですね。
この他にも越冬の仕方など興味深い記述や、
何故ギンブナにオスが少ないのか?
などの興味深い内容が載っていました。
いずれ紹介したいと思います。

お付き合い有り難うございました。m(__)m

ちなみに参考文献は、
土佐の魚たち
著;落合明
出版社;丸の内出版
発行;昭和45年12月1日
です。

Fi2621429_1e

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

外来シジミータイワンシジミの侵略ー(山のうえのさかなたちNo.43)

「魚のぞきの書棚」の方で書いた通り、
うみへびさんから水族館関連の冊子を沢山戴きました。
その中から興味深いものを紹介して行きたいと思います。
うみへびさん、有り難うございます。m(__)m

Fi2621422_1e


















さて、戴いた冊子の中から、今回は
姫路市立水族館だより「山のうえのさかなたちNo.43」に載っていた
外来シジミの記事を紹介したいと思います。

◆日本に生息するシジミ
・ヤマトシジミ;汽水域に生息
・マシジミ;川や池に生息
・セタシジミ;琵琶湖固有種
の3種類が生息しており、この内マシジミは不味とされ、
一般に食用として流通しているのは夏が旬とされているヤマトシジミ
である。

◆タイワンシジミとは?
・中国や台湾の川や湖に広く分布。
消費の多い冬場は国内の水揚げだけでは需要に間に合わないため、
輸入されるようになった。

殻の色には幾つかのパターンがあり、
見分けが着きやすいことから図鑑に紹介される事が多いのは、
カネツケシジミと呼ばれるタイプ。
特徴)
・表が黄色くて、内側が白色。かみ合わせの歯(側歯)が紫色になる。

このタイプが台湾では最も身が多く旨味があるので、高級なシジミとして
取引されている。

但し、濃い色合いのものもおり、マシジミとの区別は難しい。

◆なぜタイワンシジミが増えるのか?
1)輸入シジミの取り扱い量が増え、中でも近年はタイワンシジミの割合が
 大きく増えた。
2)販売エリアが全国に及んでいる。
3)調理前に砂出ししたり洗ったりする時に、エラの中の稚貝を容易に吐き
 出してしまうため、下水処理施設へと流れない場合は、溝や川に流れす
 みついてしまう。
4)マシジミやタイワンシジミの独自の繁殖形態
(遺伝するのは精子側のみの遺伝子である。)
 両者は受精後に卵子と精子の核(遺伝情報を含む染色体のある場所)が合体すると、卵子の核は卵の外に出てしまい、真の受精形態を取らない。
遺伝するのは精子側の遺伝子のみで、卵は単なる栄養でしかない。
 精子を大量に持つタイワンシジミは、盛んに水中にも放精しているようなので、この精子と極めて近縁なマシジミが吸い込んで受精すれば、前述の受精方式によって子供は全てタイワンシジミになってしまう。
→マシジミのすんでいる場所でタイワンシジミが見つかると、3,4年でマシジミが消えていく。

ということで、最後にこの記事では、

「今のところ、経済的な価値がほとんど無いマシジミと競合しているので、水産業を中心とした経済や社会に対する影響は低いものの、身近なマシジミが日本から消えてしまうことは許されることではない。」

と締めくくられていますが、全く同感です。
しかし、現状を見てみると、この事態はかなり深刻だと思われます。
その上、マシジミと見分けが難しいタイプも存在するなど、
駆除はかなり困難と思われます。

タイリクバラタナゴの再来にしてはいけないと思いますが、
現状としては、精子や稚貝の河川への流出をいかにくい止めるかなのだと
思われます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年10月10日 (火)

BE-PAL 2006年11月号

Fi2621413_1e












昨日はブログの状態がおかしく、
コメントなどが書き込み出来なかったようで
申し訳ありません。m(__)m

このブログでは、時々こうしたことが起こります。
スタッフからずっと謝罪はあるものの、
一向に改善されません。
NTTデータの実力はこんなもんです。

さて、謝罪&愚痴から始まってしまいましたが、
今日は「BE-PAL」の発売日でした。
毎月「月刊雑魚釣りニュース」を楽しみにこの雑誌を購入しています。
今月号もと楽しみにページを開いたのですが、
正直ガッカリしました。

というのも、雑魚党入党3年目というライターが、
生息地公開をしているから。。。。
(川の名前が出ている)
確かに珍しい魚はいないようではあるが、
「雑魚党」と名乗るからには、こうしたどこにでもいそうな魚
を大切にしてこその雑魚党ではないのだろうか?
全国紙であるからには、
その辺のことに配慮して欲しい。

「お気に入りの連載だからこそ、許せない。」
そういう気分です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

昆虫の図鑑 採集と標本の作り方

Fi2621389_1e_3

前回に引き続き、本の紹介ですみません。
きつねさんも書いておられたのですが、
ヤゴの種類って僕は良くわかんないです。
ヤンマ系かアカネ系か、簡単な説明がしてある文献もありますが、
もっと詳しく知りたいと思っていたところ、
この本に出会いました。

鹿児島発の九州・沖縄の身近な昆虫、全2097種。
●蝶は九州・沖縄産全種。日本の迷蝶全種。地域ごとの変種も紹介。
●トンボは鹿児島県産全種。
●蝶、ガ、トンボは幼虫の写真も収録。
●名前が分かる図鑑。同定に必要なデータを詳細に。
●採集方法から標本の作り方まで、丁寧に説明。
■構成
蝶-----------------258種
ガ-----------------737種
トンボ--------------120種
バッタ、コオロギ-------96種
甲虫---------------579種
セミ、ハチほか-------307種
採集と標本の作り方

特にトンボのページは成虫とヤゴ共に詳しく解説されています。
本当に写真の量が半端じゃない!!
イトトンボにこんなに種類があったんだ!!
とか、正直驚けますから。(笑)
鹿児島のトンボなので、多少は福岡とは異なるかもしれませんが、
それでも、個人的には満足です。

九州に住んでいない人にはどうなのか分かりませんが、
細かい違いまで解説されていて、
手元に一冊という感じです。
少々お値段がはるのは残念ですが。。。

『昆虫の図鑑 採集と標本の作り方』
初心者から研究者まで 一生使える昆虫図鑑
著者 福田晴夫他 A5判 236 P ビニールカバー付き
発行:南方新社 定価:3675円(本体3500円+税)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月18日 (金)

BE-PAL 2006年9月号

Fi2621388_1e

「BE-PAL」のことについては
度々このブログの記事の中に書いてきたと思う。
少し発売から遅くなってしまったが、
今月号は「夏真っ盛り・水遊び企画3連発」
と題して、

・捕まえた稚魚が分かる!「川魚の親子図鑑」
・雑魚党が日本最北端で雑魚遊び
・野田知佑の新・日本の川を旅する「尻別川編」

の記事。
野田氏の記事は個人的にパスなので、
あえて触れないでおこうと思うが、
先ず「川魚の親子図鑑」の方から紹介したいと思う。

コイ科に限らず、
稚魚の見分けは難しいですよね。
海の魚には稚魚と成魚があまりにも違うので、
図鑑なども出ているのですが、
淡水魚ともなると、少し値段が張る本しか無いですから、
判別しようと思うと、結構大変です。
(見慣れた魚やその川の優先魚種だったら別かもしれないですが。)

ですから、予告の時から楽しみにしていたのです。
解説は贅沢なことに秋山信彦氏!!
登場する魚種こそ少ないものの、
やはり並べて写真で紹介されていると、
大変分かり易いです。
こうした連載を続けてくれたらと強く感じる内容です。
(仔魚の方が大きく写っていたり不満もあるのですが。。。)

この雑誌はいつも巻末の方に連載されている
雑魚釣りニュースを毎号楽しみに読んでいるのですが、
今月号では中程にあり、探すのに少し苦労しました。(笑)

稚内でのガサが今月号の特集ですが、
北海道の淡水魚というと、
やはり北方ルートで日本にやってきた魚が中心となるので、
普段見慣れない魚が見れるのは楽しいです。

内容に関してはご自分で読んで欲しいので、
このくらいにしますが、
この内容で450円は本当に有り難い限りです。
是非、見かけられたら一読をお奨めします。
今月号は

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2006年7月 8日 (土)

月刊 現代農業 その1

Fi2621368_1e_2

今日は明日の日曜出勤の代わりに仕事が休みだったのですが、
朝からあいにくの雨。(+_;)
さぼてんさんに教えて貰って購入した本を読んで過ごす。

この中で、自然マップをつくることが薦められているのだが、
僕は川に採集に行く際に魚以外は
あまり周囲を見ないで採集をしていた。
先ずは手頃な本を見ながら、
予習をして少しずつ分かるようになりたいな。

そう思い、本屋さんへ。
ねらいはヤマケイのフィールド図鑑。
しかし見あたらない。
他の本は何を基準に選んだらよいか?今一分からない。
ネットで調べてから購入しよう。
そう決めて九州では今日発売の「BE-PAL」を買いに。

「BE-PAL」については別に書くとして、
その時目についたのがこの雑誌。
よく見ると特集「魚で元気になる」。
出版社はさぼてんさんに薦めて戴いた本を出している「農文協」。
読まない手は無い。

この雑誌、あまり普段意識した事のない雑誌で、
それもそのはず、本当に農業関連の雑誌なのです。
しかし、今月号の特集は2部構成で内容に?マークが付くところもあるが、
興味深い内容も多い。

簡単に目次だけを紹介すると、

<巻頭特集>
メダカを殖やす、売る、食べる メダカ飼育キットとまぼろしのメダカもち

ナマズで町おこし 魚捕り好きの思い結集
田んぼ・水路・川の魚捕る・殖やす
オレの魚捕り必勝法
ドジョウは大豆が好き
田んぼに魚道をつけよう

フナや絶滅危惧種まで殖える 休耕田生かして「みずすまし水田」プロジェクト 
コイで除草する
雑魚釣り池にいらっしゃい
ドジョウでもてなす
ブルーギルを魚醤に 琵琶湖の厄介モノから「地醤油」

海釣りで元気になる
胃潰瘍きっかけに磯釣りにハマった
いつでもどこでも 空き缶釣り
自作の皿リールで一晩にイカ300杯
釣りたてカマスは美味!

「魚で元気になる」第2特集 魚肥料の魅力
アジ、サバをモミ酢漬けに アミノ酸が効く 米粒がでかくなる
サケを肥料に サケ+米ヌカで、今まで使ったどの有機質肥料よりスゴイ
カツオを堆肥に 味の濃いイチゴのケーキが年間3万人を集客
図解 魚肥料の魅力 自分でつくるアミノ酸液肥
肥料屋に聞く 今人気の魚ソリューブルとは
「バイオノ有機s」 
「オーガニック」
「鰹ソリューブル」 

という内容。
きっとドジョウ好きのきつねさんなら、
「ドジョウは大豆が大好き」
「ドジョウでもてなす」
などと聞くとたまらないのではないだろうか。

特集のページ数がかなりあるんで、
立ち読みは大変そうだが、
一つ一つの記事を自分なりに考えながら読んでみるのは面白い。

まだ発売中の雑誌なので、
詳細な感想は書かないが、
いずれゆっくり再度紹介してみたい本である。

もっと知りたい方は、農文協のHPを参考にして下さい。
http://www.ruralnet.or.jp/gn/

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

やっと届きました。

Fi2621366_1e

さぼてんさんが以前紹介されていたこの本。
http://blog.so-net.ne.jp/saboten_house/2006-05-03-5/
注文以来、首を長くして待っていたのですが、
今日やっと届きました。

まだ斜め読み程度なのですが、内容が濃く
正直凄く勉強になっています。

我流でビオトープもどきをしていたのですが、

第1章で紹介されている、
・地域の「自然マップ」を作ろう
・我が家までのビオトープネットワークを確認しよう
・地域の「生き物マップ」を作ろう
などの項目を見ると、
自分の作るビオトープがその地域の自然から隔離された
存在では、意味がないことがよく分かります。
まさに目からウロコの状態です。

他にも「ホームビオトープに必要な7つの環境」
なんてタイトルに興味津々。
ビオトープの作り方から維持・管理の仕方まで、
丁寧に説明がしてあるようです。

本格的に読む前の紹介で、いささか恐縮ですが、
良い本と出会えたなという感想です。
(さぼてんさんありがとう。)
これからしっかり読んで、
我が家のビオトープに活かして行きたいと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

新装版 ヤマケイフィールドブック2 淡水魚

Fi2601440_0e

本当は本の紹介は「uonozokiの書棚」の方で
しようと思っているのですが、
今日は僕のお気に入りの図鑑ということで、
こちらでやっておこうと思います。

図鑑類は本当に色々とあって、
自分の好みのものを買うのがベストだと思いますが、
個人的にお気に入りは、
山と渓谷社から出ていた、
「野外ハンドブック10 魚 淡水魚編」
でした。


残念ながら絶版で、その後の本は
あまりお薦めできるものが無いという感じでしたが、

あえて次点を上げるとすると、
「川・沼・湖で見られる魚の全てがわかるー
 淡水魚ガイドブック」
桜井淳史・渡辺昌和共著 永岡書店 1400円+税
だったのですが、

今日
「山渓フィールドブックス2 淡水魚」
内山りゅう、森文俊 著 山と渓谷社 1600円+税
を買ってペラペラめくっていると、
この本は凄くいいです!!

日本淡水魚類愛護会でも紹介されていたので、
ご存じの方も多いとは思いますが、
まず、写真が綺麗です。
さらに、この山渓シリーズの良い所は、
「標本写真識別編」と題して、
同種の魚の写真が同じページに紹介されており、
判別を行う際に分かり易いのです。

この手のポケットサイズの本は
フィールドに持って行くのに最適です。
そこで求められるものは、
やはり獲った魚が何なのか?
が分かることが第一に優先されるべきだと僕は思います。

そういう意味でも、
まだ、図鑑類をお持ちでない方は勿論、
持っている方にもお奨めの本です。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006年5月 8日 (月)

魚の目から見た越辺川

Fi2539008_0e

魚の目からみた越辺川 埼玉・東京を流れる荒川の支流
著 渡辺昌和+坂戸自然史研究会
出版 まつやま書房
定価 1600+税

最近読んでいる本を紹介します。
また渡辺先生の本です。(^_^)b
この本は表紙のヌマムツにつられて買ってしまったのですが、
写真も少ないし、他の本を優先して読んでいたので、
今頃になって順番がまわってきました。
(こうした本がまだ沢山あります)

越辺川(おっぺがわ)は荒川の支流らしく、
そんなに特別な川では無いとの事です。
しかし、特別な川が保護され、
身近な自然が放置され荒れていくという現状。
先生にとって、全国の川を見て回るのは、
結局は身近な川(越辺川)を理解する為なのだ、
という考えには感動を覚えます。
自分の周囲の良く行く川を越辺川に置き換えて考えてみると、
よく理解できると思います。

特に第4章はお奨め。
オイカワには二種ある?
ヌマムツの雄は繁殖期直前になると・・・
表面的な事だけ紹介しても興味は尽きません。
まだまだ手に入る本ですので、
興味を持たれた人は是非読んでみて下さい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

佐賀県の淡水魚

この間予告していた本がやっと届きました。

「佐賀県の淡水魚人と川と自然を考える」
監修 田島正敏 発行 佐賀新聞社

県別や琵琶湖など特殊な地域の淡水魚の本は
色々出版されていて、
「北海道の淡水魚」 北海道新聞社発行
「増補改訂版 広島県の淡水魚」
 比婆科学教育振興会編 中国新聞社発行
など数冊持っているのですが、
多くは残念ながら絶版になっています。
この本も絶版になっていたのですが、
あるHPで古書として売っていたんです。

佐賀県には最近ちょくちょくガサに出かけるようになったんですが、
やはり日本産淡水魚のメッカの一つ
(九州北西部と紹介されることが多い)
佐賀県の本は本当に欲しかったんです。

本自体はフィールドガイド的な淡水魚の紹介が
写真と短い文章で書かれているだけのもので、
特別な事は何もないのですが、
間に挿まれたコラムが最高なんです。

佐賀県を中心とした有明海沿岸地域に
クリークが整備された経緯や
このクリークを中心とした
地域の人々と日本産淡水魚との関わりについて詳細に述べられており、
副題の人と川と自然を考えるというのは
正に的を射たタイトルだなと思います。
タナゴの化石(セボシタビラらしい)が近くで発見されている
という事すら知らなかった
僕に取っては最近読んだ本の中でも
珠玉の一冊です。
しばらくこの本が手放せそうにありません。
早速、佐賀県へのガサ計画中です。
(興奮しすぎ・・・)

一地方都市のマイナーな本なので
絶版は仕方ないかなとも思うのですが、
もし見かける機会がありましたら、
是非読んでみて欲しい本の一冊です。

四月に新しく創刊された「アクアナビ」という雑誌についても
書こうと思っていましたが、
また改めて書きたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧